「なぜ、この店は潰れないのか?」と、誰もが不思議に思う店はたくさん存在する。

私が独身時代に、たまに寄っていた中華料理店もそのひとつ。外観には特徴も無く、汚くはないものの古ぼけた感じで、“わざわざ”行くような店ではない。

マズくはない程度で、特に美味しいわけでもなく、いち押しメニューも無し。変わったメニューも無し。だが、夜は客が結構入っていて、長年営業を続けていた。

この店が潰れない理由は「5つ」あるのではないか、と私は推察する。

1つめは、場所。

駅から住宅街に入るまでの中間にあり、仕事帰りの独身が寄りやすい場所にあった。「もうすぐ家」という“ホッとする位置”で、食べた後すぐに帰ることができる、という安心感があったのではないか。

2つめは、ライバルの存在。

店のまわりをはじめ、駅周辺にも中華の店はなかった。ライバルがいなければ、中華が食べたい時には、この店を利用することになる。

3つめは、特徴の無いごく普通の味。

すごく美味しい料理は、印象には残るが、毎日食べると飽きてしまう。だが、この店の料理にはまったく特徴がない。まるで、家庭料理のような味のレベル。さりとて、家庭料理を毎日食べているからといって、飽きるようなことはないだろう。食べていて、「安心できる味」とでも言うのか。飽きないから、毎日でも立ち寄ることができる。

4つめは、テレビ。

古い飲食店ならよく見掛ける光景だが、テレビがあって、野球中継がよく流れていた。独身の中年男性がビールと餃子を頼んで、テレビを見ながら、しばしホッとする時間を過ごすのである。ビールが無くなると、ご飯と一品もしくは炒飯を頼んで、夕食とする。このパターンは、かなり多く見掛けた。

5つめは、漫画本。

汚れてきてはいるものの、かなり多くの漫画本が揃っていた。こちらは、若い男性がよく読んでいた。ご飯を食べながら、漫画を読む。1冊読み終えると、帰って行く。また次の日、続きを読みに来る。1冊読むと、続きを読みたくなるので、しばらくは店に通うことになる。

このように、男性ばかりではあるのだが、“つい足が向いてしまう”店なのである。

男たちにとって、ここはダイニングのような存在である。自宅の居間でくつろぐ前に、台所横のテーブルで食事をしているようなもの。家に帰ったような安心感があり、ホッとできる場所なのである。

この店は、そんな“時間”を提供している。“時間”が、この店の売りになっているのである。

ここに、潰れない理由があるのではないか。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • グルメ
  • 広告
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら