気分やヘアスタイルに合わせたり、加齢とともに気になる白髪を隠すため。 ヘアカラーはさまざまな用途や目的があります。

基本的には髪に好みの色のヘアカラー剤を直接塗り、時間をおいてから洗い流すだけなので簡単です。 
ただし長期間の使用については、皮膚科学会の専門誌などから2007年に発がん性の可能性など指摘されています。

従来のヘアカラーで上げられている不安点

・女性はヘアダイを長い期間使い続けると、乳がんになる
・1年に1−4回のヘアカラーで、卵巣癌の確率があがる


こうした報告があげられています。

全米がん研究所によると、ヘアカラーには500種類以上のケミカルが使われているとのことです。
疾患以外にも、髪が傷んだり、抜けやすくなったりするなどのトラブルも起こりがちです。

 植物などから抽出した自然由来の成分で染めるのは安全な方法ですが、手軽とは言いがたく、また染めにくいなどの理由からケミカルのヘアカラーなどを使っている人も多いかと思います。

そこで今注目されているのが、よく染まり、しかも天然由来でダメージを受けてしまった髪に対しても育毛効果があると言われている「コーヒー染め」です。

出典 http://melipa.com

髪を自然に染めてみる!コーヒー染めに必要なものとやり方です。

【オーガニックコーヒー・ヘアカラー】

出典 http://melipa.com

①オーガニックの濃いコーヒーをカップ1杯(200-250ml)淹れる。エスプレッソなど推奨。オーガニック以外の場合はケミカル類の心配があるので、気をつける。
②室温になるまでさます。
③室温ほどの温度になったら、さらにコーヒーを大さじ2のコーヒーとカップ2の無添加のコンディショナーを加え、よく混ぜる。
④髪につけて1時間ほど放置し、洗い流す。

染め上がりの色はブラウンになります(コーヒーの色)

【コーヒーリンス】

出典 http://melipa.com

①普通に髪を洗い、作ったコーヒーを髪につけます。
②20分ほど放置します。
③よくすすいで、アップルサイダーヴィネガーを髪につけます。これは定着剤の代わりになります。
④ぬるま湯でよくすすぎます。髪の染め上がりによっては、1-3を数回繰り返してみてください。

通常のヘアカラーを使っても、放置時間は20-30分ほどかかります。
ブラウン系のカラーで、特にこだわりがない方はよろしいかも知れません。

安全で、しかもコーヒーを飲む人にとっては一石二鳥となる「コーヒー・ヘアカラー」をぜひ試してみてください。

この記事を書いたユーザー

meripa-walker このユーザーの他の記事を見る

医療が集う情報サイト「メリパ」ライターアカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス