”9月10日は〜?℃-uteの日!”

9月10日、品川のグランドプリンスホテル新高輪 飛天の間を盛り上げた女性アイドルグループ『℃-ute』は、2006年から毎年この日に「9月10日は℃-uteの日」と称しイベントを行っている。

今年で11回目となるこの℃-uteの日のイベントも、今年で最後となった。

出典 http://natalie.mu

今年の℃-uteの日は、ホテルでの開催、1日3公演、10曲披露など例年とは違うことだらけ。更には、グループの曲名にちなんだゲームやフードなどがあり、メンバーがステージではなくフロアに来てゲームを一緒にしたりフードをよそってくれるなど、ファンにとってはまたとない機会!そして最後に、メンバーとファン(team ℃-ute)の集合写真を撮って終えました。今年は1日に3公演でしたが、こちらはそのうち第一部より。みなさん良い笑顔ですね。

実は、8月20日に、℃-uteは来年6月をもって解散することを発表したのだ。


SNS上では解散を惜しむ声がたくさん挙がり、芸能人でさえ驚き嘆く様子が多く伺えた。それほど人気の高い℃-uteはどのようなグループなのか?メンバーや代表曲から、歴史や人気の理由、更には解散までの残りの活動についてまとめていく。

℃-ute結成と歴史

2002年3月から、ハロー!プロジェクトによる小学生を対象としたハロー!プロジェクト・キッズオーディションが始まり、応募者数27,958人の中からなんと、15人が選ばれたのだ。
 
そのうち8人がBerryz工房としてデビューし、オーディションから約1年8ヶ月を経た2005年6月11日、残りの7人で℃-ute結成となった。

2006年1月にハロプロエッグの有原栞菜が加入して8人でインディーズとして4曲出すが、同年に村上愛が脱退。2007年に7人でメジャーデビューを果たすが、2009年に有原栞菜が脱退、梅田えりかが卒業をし、現在まで5人で活動を続けてきた。

過去には、日本有線大賞、日本レコード大賞の最優秀新人賞、優秀作品賞などの獲得をしている。

つんく♂オフィシャルサイトでユニット名発表。命名者であるつんく♂は、「彼女達のみなぎる情熱の体温をなんとなく表現したくて」と言う理由により、「C」の代わりに摂氏温度の単位である「℃」の記号を用い、後ろの部分とはハイフンで連結するという独特な表記を採用した[注 8]。

出典 https://ja.m.wikipedia.org

℃-uteという表記には、プロデューサーつんく♂さんのこういった想いが込められていたようだ。

出典 YouTube

2007年 日本レコード大賞 でのパフォーマンス。
これを披露し、最優秀新人賞を獲得。当時は小6〜高1の7人。

つんく♂もマツコも認める実力。

つんく♂は、℃-uteを「ハロプロ一のパフォーマンス」と自身のブログで評している。

歌唱力、ダンス、ビジュアルにおいてクオリティが高く、可愛らしくもセクシーにもカッコよくもパフォーマンスして魅せることができる℃-ute。更にファンのことをteam ℃-uteと呼び、ファンとの絆が強いのも魅力のまた1つだろう。

彼女たちの実力は、マツコデラックスさんが絶賛するほどである。


更に、女性ファンも多いが、アイドルのアイドルとしても有名な℃-ute。多くの有名女性アイドルが、℃-uteが好きだとテレビや雑誌、自身のSNSで公言している。

出典 http://news.livedoor.com

℃-ute7年ぶりのMステ出演の際、マツコがVTRで℃-uteへエールを送った。その日披露する「Crazy完全な大人」について「アイドルが少女から女性に脱皮する難しさをはねのけた曲」と、自身の見解を示した。さらにマツコは本番前に℃-uteの楽屋に登場して彼女たちにエールを送り、MCタモリの楽屋にも「(℃-uteを)よろしくね。」と、わざわざ告げに来たという。

成長をみてみよう

出典 YouTube

メジャーデビュー曲「桜チラリ」のミュージックビデオ
2007.02.21発売

出典 YouTube

メジャー17枚目のシングル「世界一HAPPYな女の子」ミュージックビデオ
2011.09.07発売
王道アイドルソング。衣装はメンバーカラー。

出典 YouTube

「嵐を起こすんだExciting Fight!」
2015.10.28発売
日本レスリング協会公認の応援ソング。
両A面シングルとして発売した「ありがとう〜無限のエール〜」は日本レスリング協会公認の船首団讃歌。どちらもMVには吉田沙保里選手などレスリング選手の出演がある。
今年の9/5に武道館で行われた℃-uteのコンサートには、リオオリンピックで金メダルに輝いた伊調馨選手、登坂絵里選手、銀メダルの吉田沙保里選手が登場。

子供から大人へ。そして解散の決断。

オーディション当時は全員小学生だった女の子が、今では全員ハタチを超えた大人の女性になった。


お客さんが2人しかいないライブも経験した彼女達が、今では数え切れないほどたくさんのファンの心を奪い、2013年から毎年武道館にも立っている。


モーニング娘。の先輩達に憧れた彼女達は、今や多くの後輩グループに尊敬され憧れる、ハロプロを引っ張る最年長グループにまで成長したのだ。


解散決断に至った経緯については以下のように述べている。

今年2月、メンバー全員が20歳以上になったタイミングで、
グループだからできる事と一人だからできる事、、、
それぞれの将来について、話すタイミングがありました。
それぞれの進みたい道を、お互いが理解し合い、
グループの今後を具体的に考え始めたのが、その時からでした。


さいたまスーパーアリーナ公演が決まったタイミングで、再びメンバー5人で、
そして事務所の方とも話し合い、さいたまスーパーアリーナを最後に、
それ以降は個々の目標や夢を叶えていこう!という結論になりました。

出典 http://www.helloproject.com

ハロプロのオフィシャルサイトでの公式メッセージの一部抜粋。

解散ライブは6月に

出典 https://youtu.be

11/2に30枚目のトリプルA面シングル発売が決まった。

今後は、秋ツアーやニューシングルリリースを予定しており

解散は、2017年6月に行われる、彼女達の目標の1つであった埼玉スーパーアリーナでのコンサートだと発表されている。

日付については発表されていないがインターネットではファンにより色々な予測が立てられている。結成日である11日ではないか、どういうわけか日曜日だし、という声が最も多い。一方で、多くのコンサートホールが使えない現在、日曜日に埼玉スーパーアリーナをとれるだろうか、翌日の月曜日ではないかという声もある。もちろんどちらでもないかもしれないが、有給を取るために正式な発表が待ち遠しいファンが多いことであろう。

オーディション合格から15年間、メジャーデビューから12年間走り続けてきた℃-uteを、残りの9ヶ月、最後までしっかり見届けたい。

メンバー紹介

矢島舞美(舞美、まいみぃ)メンバーからは矢島ちゃん、やじ、舞美ちゃんなどと呼ばれる。1992/02/07生まれの24歳。メンバーカラーは赤で℃-uteのリーダーかつハロプロのリーダー。
天然だが持ち前の明るさと優しさで引っ張る。何事にも全力。運動神経抜群で、腹筋が割れている。ライブ会場のステージと客席の距離が近いときは彼女の汗が客席に飛ぶほど汗っかき。自他共に認める雨女で、その実力は℃-uteのイベントがある日に雨が降ると、やはり舞美がいるから仕方ないなとファンも納得するほど。いつ見ても整った顔で誰もが認める美人。その美貌と滲み出る性格の良さから、一部のファンのあいだでは聖母マリア、唯一神や女神の生まれ変わりなどと言われている。解散後は女優志望。





中島早貴(なっきい、中さん)。昔はなかさきちゃんと呼ばれていた時期もあり現在でも”なかさき””なかさきちゃん”と呼ぶファンも多い。その表記は”nksk”。本人はなっきぃを気に入っている。1994/02/05生まれの22歳。メンバーカラーは水色。
歌割こそ少なめだが、キレのあるダンスや細かいポージングの上手さでメンバー1ダンスが上手。また、全体的にダンスレベルの高いハロプロの中でもトップクラス。人見知りで昔は内気だったが(これがヘタレキャラのnksk時代)現在は℃-uteのコンサートやイベントで司会進行を務めるなどしっかり者でもある。解散後は旅番組志望。





鈴木愛理(愛理)昔は”おすず”だったため現在でもそう呼ぶファンもいる。稀に”あいりん”とも言われる。1994/04/12生まれの22歳。メンバーカラーはピンク。(ハロプロの別ユニットBuono!では黄緑)
現在のハロプロ、℃-uteのセンターでエース。オーディション時から大人顔負けの歌唱力を発揮していたが年々着実に実力をあげている。ダンスもキレとしなやかさを兼ね備えている、くびれが凄い、家族やメンバー、ファンやスタッフ思いなど、スペックの高さを認められている。
Ray専属モデルになり女性ファンも更に増加。”すーさん。”というオリジナルキャラクターがいる。滑舌が悪いことをいじられる。ふわふわした性格でダジャレと抹茶好き。父はプロゴルファーの鈴木亨で母は元プロゴルファーの丸谷京子。解散後は歌や演技やモデルの他にキャスター。





岡井千聖(ちっさー、”岡井ちゃん”)。ときどき”岡丼”。1994/06/21生まれの22歳。メンバーカラーは緑。
背は低いがハロプロの中でもトップクラスに小顔。長いときもあったがショートカットにしていることが多い。YouTubeに自身の踊ってみたを投稿している。それをはじめた頃から歌割が増え、現在では鈴木に次ぐメインボーカル。ハスキーっぽい声とパワフルボイスが特徴。ムードメーカー。トークが上手くバラエティでも活躍中。解散後はバラエティ。





萩原舞(”まいまい”。”舞ちゃん”)。昔は、”はぎてぃー”だった。1996/02/07生まれの20歳。メンバーカラーは黄色。
℃-ute最年少で甘えん坊、妹キャラ。オーディション当時は小学1年生。そのときに「つんく♂とかきてたのしかった」という名言を残している。クリクリした目と頬の色気あるホクロが印象的でウエストが細い。おしゃれ好きでブログに私服コーディネートを載せることが多い。解散後はアパレル関係。

この記事を書いたユーザー

うさぎ。 このユーザーの他の記事を見る

流行りとものかきにハマっています。気ままに書きます。

得意ジャンル
  • 音楽
  • インテリア
  • 話題
  • 海外旅行
  • インターネット
  • おでかけ
  • グルメ
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス