子供が産まれてから、ガラッと毎日が変わりました。考え方も変わりました。

私は、子供を産む前は、子供が苦手でした。
なぜなら、『どう接していいかわからない』から。

最近のお母さんの中には、ただ飴をあげたり、気軽に声をかけたり、危ない遊びをしてたときに注意したりしただけで、『うちの子に何をするんですか!』と、怒る。

『え。』って思います。(((・・;)
『何もしませんけど?(-_-)⤵』

なんでそんなに警戒するんでしょう?

いろんなお母さんがいるので、その子供と関わるのは、ビクビクしちゃうわけで。

でも、ひとり産んでみたら、その考えは変わりました。

子供自身は、本当に素直で無垢で、どんな子も、可愛いです。

たまに見かけるお母さんやお父さんの、お子さんに対しての接し方が、見ててなんだかこっちまで苦しくなっちゃうような時があります。

あー…(;_;)って思います。
そんなに、怒らなくてもいいのに。
そんなに、罵倒しなくてもいいのに。
子供は、親の道具や物ではないのに。

『しつけ』と言うなら、そうなのかもしれませんが、度を越すと、虐待になってしまいます。

その程度が、難しいんです。

子供を『愛してる』から、ほっとけない。

愛してるから、私のように(誰かのように)なってほしくないから勉強してほしい。
愛してるから、成功してほしい。

でも…子供にとっては、『その親の想い』って、どうでもいいことで、

子供にとっては、何が一番大事かと言うと、『お母さんに見てほしい』
『お母さんに誉めてほしい』
『お母さんにかまってほしい』
どんなお母さんでも、お母さんはお母さん。

『お母さん。大好き。』ただ、それだけなんです。

直接子供には、言わないけれど、
『ごめんね。』
『ダメなお母さんを、許してね。』
本当は、ダメなんてことないんですけど、つい、完璧なお母さんでいたい人は、そんな風に、心のなかで思ってしまったりします。

子供の、『お母さん。いつも一緒にいてね。』そんな言葉に、涙が溢れます。

何年たっても、涙もろくて、子供に笑われちゃうくらい、すぐ感動しちゃって、恥ずかしいけど。

喧嘩すると、もう私は、『あなたのこと面倒見ない!全部自分でやりなさい!』とか、言っちゃうけれど。

本当は、『あなたを産んでよかった』と、思う瞬間は、たくさんあるんだよ。

たまに言う、私の、『大好き。』は、
本当だよ。

たまには、仕事を忘れて、一緒に遊びに行くことも、必要だよね。

『いつも、ありがとう、お仕事頑張ってね。』という言葉、
保育園のときは、いつもその言葉を、
手紙に書いてくれてた。

本当は、寂しかったのかな。
ごめんね。

子供は、本当に、親をちゃんと見ています。
ちゃんと、気持ちは、伝わってる。

仕事と家庭のバランスは、大事です。
ちゃんと、バランス、取れていますか?

たまには、子供に、無言でも良いから、
ぎゅーって、してあげてください。

きっと、気持ちは、伝わります。

この記事を書いたユーザー

mana このユーザーの他の記事を見る

子育て中の一児の母です。セラピストのお仕事をしています。世の中のお母さんと子供たちがのびのびと幸せな毎日を過ごせることを願ってます。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • おでかけ
  • 広告
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス