一生懸命に働いても、手取り金額は増えず、贅沢もしていないのに、毎月生活だけで精いっぱい…
そんな方は結構多いのではないでしょうか。

そこで、今日からできる節約術をご紹介します。

1.銀行口座は時間外手数料無料の契約で
よく、「お金は1回の金額は多めに、そして、回数は少なめに銀行からおろす」と紹介されていますが、あまり高額のお金を持ち歩くのも危険ですし、その回数の少ない引き出しでも、働いている人であれば時間外になってしまいますよね。
時間外手数料無料の契約パターンを選びましょう。ほとんどの銀行は、「残高が10万円以上あること」など、条件はありますが、それさえ満たせば、余分に支払うものはないので、身近に時間外手数料無料のプランで毎月安心してお金が引き出せます。
ただし、コンビニの引き出しなどは「月3回まで」など、制限がある場合が多いので注意しましょう。

2.食事は極力弁当&自炊で
働いている方が毎日お弁当を買ったり食べに出ると、1日500円×20日=10000円かかってしまいます。ところが、お弁当にすると、材料費だけで済むので経済的です。
夜ご飯も同様で、お昼と夜外食にしたと仮定すると、1日平均2000円以上かかってしまいます。
これを自前に替えると節約できるのはわかりますね。

3.空き時間は自宅で
予定の合間など、空いた時間を喫茶店やネットカフェで時間をつぶす方も多いと思います。
書店で立ち読みならお金はかかりませんが、疲れてしまいますよね。
空き時間はいったん帰って自宅で過ごしましょう。
ただし、遠方の場合は交通費が高くなり、逆に出費がかさむので注意しましょう。

4.近所の量販店の安売りの日をチェック
近所のスーパーやドラックストアには、安売りの日(5%offなど)がある場合がほとんどです。その日をチェックし、歯磨き粉や洗剤などの消耗品は安売りの日にまとめて買ってしまいましょう。ただし、衝動買いには注意してください。

いかがでしたか。「ちりも積もれば山となる」ではありませんが、小さいことから始めていくことによって、少しずつ、お金のゆとりも生まれます。
できることから実践してみてください。

この記事を書いたユーザー

aya3137 このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 国内旅行
  • 暮らし
  • 恋愛
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス