関西には、「お好み焼き定食」というメニューがある。お好み焼きとご飯、味噌汁のセットである。関西人の私には何の疑問もないのだが、他の地域の人びとからすると、「あり得ない」「主食と主食の組み合わせはおかしい」とまで言われる。それほど不思議なことなのだろうか。

関西には、同じ“粉もん”の「焼きそば定食」もあり、粉もんとご飯の組み合わせは、俗に“大阪定食”とも呼ばれる。「炭水化物&炭水化物」は、栄養学的にはツッコミどころ満載。決して身体に良いとは言えないのだが、その美味しさを知れば、栄養学など関係なくなる。

なぜ、この組み合わせが関西に生まれたのか。その起源は定かではないが、関西人の味の好みが影響しているようだ。

お好み焼き、焼きそば、たこ焼きの味は、だしとソースで決まる。関西には“地ソース”も多く、何にでもソースをかける傾向が強い。焼きめし、目玉焼き、野菜炒め、串カツ……。天ぷらにまでウスターソースをかける。食卓にこれらのおかずが並ぶと、ためらいなくソースをかけて、ご飯と一緒に食べる。濃いソースの味が白いご飯をとよく合うのである。

この組み合わせに慣れ親しんだ関西で「お好み焼き定食」が誕生したのは、必然なのではないか。お好み焼きは、“ソース味のおかず”なのである。

炭水化物どうしの組み合わせはあり得ないなどと言われるが、他にもこうした組み合わせは多く存在する。「ラーメン&炒飯」、白ご飯のついた「ラーメン定食」、いなり寿司や炊き込みご飯のついた「うどん定食」、小うどんのついた「カツ丼定食」。「焼きそばパン」や「スパゲティパン」はどうなるのか。洋食屋や喫茶店には、ご飯とナポリタンがセットになった「スパゲティ定食」などもある。

このように、同じような組み合わせは多数存在する。なのに、なぜ「お好み焼き定食」だけが話題になるのか。

まずは、お好み焼きに対する固定観念ではないのか。単体で食べるもの、というイメージである。他の地域ではそうかもしれないが、家庭でもお好み焼きを作るほど、日常の食生活に浸透している関西では、自然とご飯がつくようになったのではないか。

恐らく、こんな会話から誕生したのではないかと推測する。

息子「おかん、ご飯ちょうだい」
おかん「何すんの?」
息子「何すんのって、お好み焼きと一緒に食べるんやん」
おかん「ほぉ、それ美味しそうやな。うちもやってみよ」

あるいは、

客「おばちゃん、ご飯ある?」
店主「うちらの晩ご飯用やったらあるけど」
客「悪いけど、ちょっと分けてくれへん?」
店主「何すんの?」
客「このソースやったら、ご飯と合うと思うねん」
店主「なるほどなぁ~。それやったら、定食としてメニューに載せよか」
客「そうして、そうして!」

食に貪欲な関西人なら、「これ、ご飯と一緒に食べたら、美味しいんとちゃうか?」と思えば、何のためらいもなく、試してみるのではないか。たまたま、それが美味しかったので、関西全体に広まったものと考えられる。同じように、「焼きそば定食」も生まれたのであろう。

追記:
ちなみに、お好み焼き定食と似ている(?)「たこ焼き定食」は、じつは関西でもあまり見かけない。それは、たこ焼きが“おやつ”的な存在だからである。家庭で「たこ焼きパーティ」をすることもあるが、それはイベントであって、日常の食事ではない。「たこ焼きバー」も存在するが、酒のアテである。たこ焼きは、おかずとして食べないので、定食としては定着していないのではないかと考える。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • グルメ
  • 広告
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら