宮城県仙台市内には、約100軒の牛たん専門店がある。焼いた厚切り牛たんと麦めし、テールスープがセットになった定食が、人気メニューである。

なぜ、ここまで店が増え、「仙台=牛たん」と言われるまでの名物となったのか。

事の始まりは、ひとりの料理人。

焼きとりを中心とした飲食店「太助」を営んでいた佐野啓四郎氏が、ある日洋食屋で食べた「タンシチュー」の旨さに驚き、これを客に焼いて食べさせたい、と思ったことがキッカケで誕生したのである。

試行錯誤の末に完成した牛たん焼きは、瞬く間に評判となり、地元では知らない人がいない、というほどの存在となったのである。

そこから、真似する店が増え、牛たん専門店が次々に生まれたのである。

だが、それだけでは全国的に知られるまでには至らない。

最初に動き出したのは、仙台商工会議所である。

仙台には、年間を通じて食べられる名物がなかったので、地元で愛されている牛たんに眼をつけた。仙台名物にしようと、率先してPRを始めたところ、テレビや雑誌が飛びついたのである。

この頃より、「仙台に牛たんあり」と広がり始めた。

次に動いたのは、地元の商社。

米国産牛肉の輸入自由化に合わせて、仕入れを強化し、店が安く提供できる基盤を作ったのである。

ここで初めて知る方もいるかもしれないが、仙台の牛たんは、そのほとんどが輸入もの。米国産と豪州産である。

脂肪の多い米国産は、厚切りにしても軟らかく食べられるので、ほとんどの店で当初は米国産を使っていた。

だが、BSE問題で輸入できなくなり、休業や廃業に追い込まれる店も多くあった。そんな中、豪州産に切り替えて、頑張った店も多い。

ただし豪州産は、自然に近い状態で育てられているが故に、肉質が固いので、仕込みを工夫したり、熟成させたりすることで、軟らかくし、旨味を引き出す努力をした。

そんな苦労を背負ったからこそ、仙台の牛たんは生き残ったのである。料理人の気概が、名物を守ったのである。

そして最後に、「仙台=牛たん」を決定的にしたのは、JR東日本である。名物があっても、交通手段がなければ、日本中の人が集まって来ることはない。

その手段のひとつである鉄道会社が、仙台に着くとすぐにでも牛たんが食べられるように、駅構内に「牛たん通り」を作ってしまったのである。これほど交通の便の良い場所はない。

仙台を目的に来た人でなくとも、牛たんを食べに来た人でなくとも、電車を降りさえすれば、牛たんを味わうことができる。名物を知ることができる。PR効果としては、非常に大きな期待が持てる。

ここをキッカケに牛たんファンになれば、いろんな店に行ってみたくなる。

牛たん焼きを生み出した人、地元商工会議所、地元企業、鉄道会社。多くの人たちが、牛たんを名物にしようと、心をひとつにした。

目的や意識のバラバラな個人や企業が、同じ方角を向くことは難しい。たとえ向いたとしても、利害が絡むと、ひとつにはまとまらない。それを成功させた仙台は、素晴らしい。

地元食材ではない“輸入牛たん”を名物に育てた仙台を、日本全国が見習うべきである。「観光資源がないからなぁ〜」と言い訳している、地方の人びとよ。反省しなさい。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 広告
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス