いま、石垣島が熱い。外国人旅行者が、年間16万人もやって来る。そのうちの8割が台湾人だという。食と観光、ショッピングが目的で、特にショッピングに重点を置いている。

なぜ、台湾人がわざわざ買い物にやって来るのか。東京・大阪ではなく、石垣島を選ぶ理由は何か。そこには、石垣島の観光戦略が隠されていた。

石垣島は、ほんの数年前まで僻地だった。本土から行くにも、沖縄本島経由でしか行けなかった。自然豊かな、美しい島でありながらも、その不便さゆえに、観光客は頭打ちとなっていた。

ところが、2013年に新空港ができ、本土からの直行便が頻繁にやって来るように。これで、一気に観光客が増えた。

それだけではない。台湾からの直行便もチャーター便も増えている。台湾からすれば、石垣島はもっとも近い外国なのである。しかも、台湾人にとって日本は非常に魅力的な国である。そこに、約1時間で行けてしまうのだから、気軽に足を運ぶようになる。

また、台湾・石垣間には、豪華クルーズ船が就航するようになった。贅沢な船の旅を楽しみながら、気軽に海外旅行ができるのである。

しかも、このクルーズ船は、2泊3日で約3万3千円からと、非常に安くなっている。空と海の玄関口が整備されたことで、外国人、特に台湾人が来やすくなったのである。

そんな台湾人にもっとも人気のあるスポットが、沖縄のローカルスーパー「サンエー」である。ここを目的にやって来ると言っても良いくらい、台湾人で溢れかえっている。

特に変わったものを売っているわけでもなく、ごく普通のスーパーである。彼らの目当ては、菓子・薬・フルーツなどである。

日本の菓子や薬が、アジア系の人に人気があるのは周知のことだが、フルーツの宝庫である台湾の人が、なぜ日本のフルーツを買うのか。

台湾人は口を揃えて言う。「日本の桃が旨い」と。台湾のフルーツは水分が多く、水分補給のために食べている。だが、日本のフルーツは甘みが強く、味が濃い。

中でも桃が大人気で、続いてイチゴ、リンゴとなる。そんなフルーツを求めて、スーパー「サンエー」に行くのである。

この店が特別なフルーツを揃えているわけではない。だが、台湾人の間では「ここに行け!」という情報が拡散されているようだ。

SNSによると思われるが、それが元で、ツアーバスがこの店に連れて行くようにもなった。他にもスーパーはあるのだが、なぜか「サンエー」である。沖縄県下では最大規模のチェーン店なので、その品揃えで選ばれているのかもしれない。

当たり前のことだが、商品のほとんどが日本製である。ということは、台湾人にとってはほとんどが「ジャパンブランド」なのである。信頼できる品質で、安心して買うことができる。

菓子も薬もフルーツも。どれもこれもが魅力的に見えるだろう。買うこと=楽しいこと、なのである。

台湾人は、石垣島の美しい自然を愛で、石垣島の食を堪能し、ショッピングを楽しんで、帰って行く。

こうした状態を創り出すまでには、石垣島の人たちの地道な努力があった。偶然、石垣島が注目されたのではない。

新空港の開港、石垣港の整備、石垣市職員の台湾駐在、台湾と石垣との交流イベントなど、観光客誘致のための働きかけを、何年にも渡って続けてきたのである。その結果、いまの成功に繋がっているのである。

最近では、「公衆WiFiの設置」や「観光アプリの開発」にも取り組み、より快適な旅を提供しようとさらなる努力をしている。地方の一都市、離島が、そこまでやることはない。だが、石垣島はやってのけたのである。

日本における観光立国の先駆者だと言っても良いだろう。観光資源に胡座をかかない取り組みが、見事な成果に繋がったのである。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • グルメ
  • 広告
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら