記事提供:Conobie


それはそれは、自信満々だったのです。

目次

・ 1人目の娘は2歳半までオッパイを飲んでいました
・ しかし、見誤った自分の乳力

1人目の娘は2歳半までオッパイを飲んでいました

そのためか、2人目の息子を産んだ時は、オッパイに対して量が出てなくても自信満々。

添い乳でどんどん吸わせて、どんどん乳をつくっていけば、どんどん出るようになるから「ミルクがなくても乳は足りるぅ~!」と思っていました。

しかし、見誤った自分の乳力

オッパイを飲んでスヤ~っと寝た息子、しかし夜中3時ころになると…。

一日中吸われまくっていた乳はとうとう力尽き、いくら吸ってもスカスカ状態になっていたのです…。

思いがけず、娘の優しさに触れました…。

備えあれば憂いなし!

自分のオッパイを過信したせいで、息子にはかわいそうな思いをさせてしまいました…。(そして、パパと娘にも迷惑を…)

オッパイ不足に限らず何が起こるか分からないので、2人目でも哺乳瓶とミルクは必ず用意しておくのがよいと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス