私は結婚してから今年で32年になる。
私の年齢からすると決して長い方ではないけれど。

子どもの頃から結婚願望がほとんどなく、仕事をしたいと思っていた私。
もしかしたら、私が顔も知らない祖父母の影響かもとも思う。
それについては、また改めて書いてみたいと思う

私は子どもの頃から結構自立心が強かったと思う。
性格はどちらかというと男性に近く、あまり無駄話をしなかった。
だから、学生時代も社会に出てからも、周りからは大人しいと見られることも多かった。
内心「ちっとも大人しくないんだけど・・・」と思っていたけど、特に負けん気が強いとか、目立ちたがりということもなかったから。


一人でも生きていけると思っていたから、小生意気で可愛げのない女の子だったろう。
恋愛も幾度かしたけど、結婚には結びつかず、「もう一生独身でもいいや」と思っていた30歳を過ぎた頃に夫と出会った。
正直に言うと、彼の顔が好みだった。

でものちに、彼の顔から私が勝手に想像していた彼の性格と、現実がまったく違うことに気付くことになる。
彼が思う優しさと、私が望む優しさはかけ離れていた。
それはある意味、男と女の違いだったのかもしれないけれど。
私は、「顔に騙された!」と彼の前でも、友達に言っていた。
ずい分勝手な言い分だけどね。


一緒に会社を始め、一緒に仕事をするようになると、私の「顔に騙された」感はますます強くなっていった。
「こんなはずじゃなかった!」「こんな人と思わなかった!」なんて思うこともしばしば。
だんだん「別れてもいいや」「性格的に合わないんだから離婚した方が楽」「お互いに嫌な思いをしなくてすむんだから離婚した方がいい」
そんな気持ちが強くなっていた。

私が嫌な思いをしているということは、彼だって嫌な思いをしているわけだ。
だから、彼も当然離婚したがっているだろうと思っていた。



なぜ、そんな話になったのかは、実ははっきりとは覚えていない。
なんとなく、「うまくいかないなら別れた方がいいんじゃない?」みたいなことを言ったような気もする。
「そうだな」なんていう彼の返事を予想しながら・・・

若い頃の(と言っても30歳をとうに過ぎたおばさんだったのだけど)私は、結婚してうまくいかないなら別れればいい、とみんなが思っていると思っていたのだ。
すでに女性も仕事を持つことが珍しくもなく、自立できる女性も増えていたから。


でも・・・
夫の返事はこうだった。

「結婚は、別々の環境で育ってきた他人が一緒に暮らすのだから、上手くいかなくて当たり前だろう。だから、二人で努力していかなきゃならないんじゃないか? それが結婚というものだろう?」


私は好きな者同士が一緒になるのだから、「上手くいって当たり前」だと思っていたのだ。
今思うとなんともはや能天気だったけどね。
「上手くいかなくて当たり前」とは考えてもいなかった。
私にとっては、目からウロコの言葉だった。
それ以来私は、夫と「別れたい!」と思うことは一度もなくなった。



でも実は、今でも「嫌な奴!」「なんでそうなの?!」と夫に腹を立てては、洗濯物を干しながら、一人ブツブツ文句を言って発散している私なのです。
周りからは結構仲良し夫婦に見られているかもしれないけれどね。クスッ。
夫婦ってそんなもの。



さて、あなたは結婚とはどんなものだと考えていますか?
私の若い頃みたいに、「嫌になったらすぐ別れたらいいや」なんて思っているかしら?
一つ言えることは、誰と結婚しても、完璧に合う相手なんていないのよね。
だって、育ってきた環境が全然違うんだもの。

「うまくいかないのが当たり前」って思っていると、うまくいかなくてもあまり落ち込まないですむのよね。
しかも、「うまくいかないのが当たり前」って思っているから、うまくいった時は、楽しさ嬉しさが倍増する。

なにがあっても頑張れる気がしない?

この記事を書いたユーザー

平川裕貴(ひらかわゆうき) このユーザーの他の記事を見る

元日本航空CA。外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年子ども英語スクールを神戸と大阪に開校。外国人講師による子ども英語教育の先駆的存在。

1995年、阪神淡路大震災に遭遇、教室・自宅とも多大な被害を受ける。
震災から得た教訓も活かし、2006年、インターナショナルプリスクール(英語の幼稚園型スクール)を設立、英語教育と人間教育に取り組む。現在3歳から6歳までの子どもを、幅広い視野と思いやりを持ったバイリンガルに育てている。

長年欧米文化に触れてきた経験から、日本と欧米の優れた点を取り入れたしつけを提唱。スクール経営の傍ら、これまでに得た教訓や知恵や知識を伝えるべく執筆活動を開始。
幼児教育研究家。文筆家。コラムライター。英語講師。マナー講師。

ウレぴあ総研『ハピママ』や『IT Mama』に、子育てや英語関連の記事執筆。
フジテレビ『ほんまでっかTV』 に子ども教育評論家として出演。

著書『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾン)
『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス