「夫婦喧嘩」、ご結婚されている皆さんは、どのように仲直りされてますでしょうか?
もしかしたら、今までの喧嘩は喧嘩のうちに入らない程度なのかもしれません。

アメリカのミシガン州に住むキャシー・ガン(Kathy Gunn)さんとブランドン・ガン(Brandon Gunn)さん、結婚9年目を迎えたこのご夫婦も喧嘩をした際、いつもこれが本当に最悪の喧嘩なのだろうか?と、自分たちに問いかけて「これは修復可能な程度の喧嘩よ」と思い直し、また仲直りしてきたそうです。

結婚9年目を迎えたブランドンさんとキャシーさん

出典 http://www.huffingtonpost.com

彼ら夫婦の仲直りの秘訣は、結婚当時にキャシーさんの叔母であるアリソン(Alison)さんから結婚祝いとして贈られた「白い箱」が、その「仲直り」の秘訣でした。
しかし、彼らはその箱の中身を結婚して9年経つというのに何が入っているのか知らないというのです。
なぜならその箱には「最初の夫婦喧嘩をするまでは箱は開けないで!」と、アリソンさんからメッセージが添えられていたからです。

叔母のアリソンさんから結婚祝いに贈られた「白い箱」

出典 http://www.huffingtonpost.com

この「白い箱」は9年もの間クローゼットの中に眠っていました。
しかし、この箱を開けるキッカケが起きたのです。

ご安心ください。二人が修復不可能な大喧嘩した訳ではありません。

2016年の5月のある日に二人は知り合いの結婚式に出席する予定で、その際に新婚カップルに贈る「結婚祝い」として何が一番いいのだろうと夫婦で話し合ったそうです。
そして、二人の頭をよぎったのが9年前に結婚した際にこのアリソンさんから贈られた「白い箱」だったのです。

結婚当時のキャシーさんとブランドンさん

出典 https://us.yahoo.com

そして、その晩夫婦はその箱を開ける事にしたのです

はたして箱の中身は!?

出典 http://www.huffingtonpost.com

キャシーさん宛てに贈られたのがバスソープ、ボディローション、そして現金でした。
ブランドンさん宛てには、花瓶、ペアのワイングラス、そしてやはり現金でした。
この現金にはアリソンさんから更に二人へメッセージが書かれていたのです。

「キャシー、これで二人の好きなピザとシュリンプでも買ってね、そしてお風呂の準備も忘れないで」

出典 http://www.huffingtonpost.com

「ブランドン、これで花とワインを買ってね」

出典 http://www.huffingtonpost.com

けっして高価なものでは無いけれど、アリソンさんの二人が喧嘩をしても仲直りして末永く夫婦生活を続けて行ってほしいという願いがつまった箱でした。

その中身よりもキャシーさんとブランドンさんにとってその「白い箱」そのものが夫婦生活にとってとても無くてはならない結婚祝いだったのです。

実際、この9年間、二人の間にも時々、夫婦喧嘩はあったそうです。
しかし、二人はけっして箱を開けなかったそうです。
なぜなら、この箱を開けると言う事は夫婦生活が修復できないほどの喧嘩をしている事を意味する事になると長い間、感じていたそうです。

そしていつも考え直すようにしていたそう・・・。
「今、この箱を開ける時期に来ているのだろうか?この喧嘩は本当に最悪な喧嘩なの?もし今箱を開けてしまったら次にもっと最悪な喧嘩をした場合、もうこの箱は無いのよ、どうするの」と、思ったそうです。

この「白い箱」がたとえ空だったとしてもこの9年間の間夫婦を支えてきた事は間違いありません。
キャシーさんにとってこの「白い箱」そのものが夫婦喧嘩を最悪な状態へ向かわせない思考の「元」となっていたからです。

キャシーさんは「この箱が私たちに忍耐と妥協、そして相手に対して寛容の心を持つ事を教えてくれた・・・」と。
そして、この箱によって「私たちは最高の友人であり、最高のパートナーになり私たちの結婚生活をより深い絆で結んでいきました。私たちは最高のカップルという確信があったので、今回箱を開ける事にしました」と語っております。

キャシーさんとブランドンさんにとって、この先また、ささいな喧嘩があったとしても乗り越えられるという確信があったのでしょう。

現在、お二人には6歳の娘さんと3歳の息子さんがおります。
この愛する子供たちが加わりそして育っていくなかで、二人の間には課題とそしてその課題を乗り越えた先に、より強固な愛情をお互い育てる事ができるでしょう。

ちなに、筆者も時々夫婦喧嘩はします。
(ちなみに旦那様はカナダ人で日本語まったくダメ)
言い争いになったとき、やはり英語だと不利なので「うるさい!たまには日本語で喧嘩してよ!」と日本語で叫ぶと、旦那様は「What? U...ru...su...? Tama?..Ke・n・ka?」と、あっけにとられた顔で復唱しようとするのですが、その姿が妙に面白くて、最後に、お互い笑いが漏れて喧嘩どころではなくなります。
(あまり夫婦喧嘩の解決方法にならない事例で恐縮です)

夫婦生活をされていろいろ山や谷もあるかと思いますが、今回のこのストーリーで、「白い箱」が皆さんの心の中に置かれるようになってくれたら嬉しいです。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

本記事の参考サイト
↓↓↓

この記事を書いたユーザー

MAME このユーザーの他の記事を見る

記事を読んで下さいましてありがとうございます。東京から沖縄そして現在、国際結婚で北米在住です。海外ネタや面白い話で皆さんを幸せな気分にできたら嬉しいです(^^)

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • インターネット
  • グルメ
  • 恋愛
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら