就寝しようとすると突然始まるあれ!

夜になり、布団の中でリラックスすると
脚の中で何かが這い回っているような感覚になる、
それは不快で、それを和らげるには起き上がって動き回ると治まる。
そしてまた、横になるとムズムズし始める…
気にし始めるとなかなか眠れない…
今、このような症状で悩まされている人が多くなってきているようです。

脚のムズムズは何?

このような症状がある方は
もしかしたらRLS …レストレスレッグ(下肢静止不能)症候群の疑いがある可能性があるかもしれません。

この疾患は医師でも見分けにくく、
患者であることを確定できるほどの検査法がないことです。
症状から診断するしかないようです。

基本的な問診は…

・何かが這い回るような感覚は片脚、それとも両脚ですか。
・腕に感じることはありますか。
・起き上がって歩いたり、入浴、マッサージしたりすると不快感が消えますか。
・乗り物などに長時間座っていなければならない時、不快感を覚えることがありますか。
・悩まされるのはおもに夜間ですか。
・家族の中に同じ悩みを抱えている人がいますか。
・睡眠中に脚が勝手に動いている事を指摘されたことはありますか。

これらの質問の幾つかに対する答えが「はい」であるなら、医師はレストレスレッグと診断する場合があります。

実際に悩まされている人…

人によっては、軽い症状で終わる場合も…
しかし,ずっと深刻な場合もあります。
慢性的な不眠症になって日中に疲労を感じ、
日常生活にかなりの支障が出ることもあるようです。
横になる度に虫が脚にはい回るような感覚で気持ち悪く、常に足を振っている方もいるようです。

どのような人がなりやすい?

性別を問いません。
特に年配者に多く、症状も深刻な方もいらっしゃるようです。
たいていの場合、症状は何十年も前から現われているようです。
子どものころから現われていることもあります。
しかし、子どもの場合、見過ごされることが少なくありません。
子どものRLS患者はじっと座っていられなかったり、落ち着きがなかったりするため、多動症なのではと疑われる場合も…

因果関係は?

専門家はRLSが神経系の疾患であることを認識していますが、原因を特定するのは困難で、ほとんどの場合、原因は不明とされています。

とはいえ、RLSには幾つかの要因があるとされています。
例えば、RLSには家系的な特性があり、親から子へと遺伝します。
妊娠している女性が、とりわけ妊娠後期にRLSの症状を経験することもあります。出産すると、たいてい症状は消えます。
鉄分やビタミンの不足といった、医学上の障害がRLSの不快感を誘発する場合もあるようです。
慢性病 …特に腎不全、糖尿病、リウマチ性関節炎、末梢神経障害もRLSの症状を引き起こす可能性があると言われていまず。

不快感を軽減するには…

残念なことに完全に治療する方法はなく、たいてい症状は年月の経過とともに悪化することも。

しかし、RLSの症状を軽減する方法はあるようです。

それでも、
対処法は様々で、ある人にとって効果的な方法も別の人には効かないかもしれません。
RLS患者は、症状がどんな習慣、活動、薬剤によって悪化するか、あるいは緩和するかを突き止めなくてはなりません。

例えば
鉄分やビタミンが不足している人は、食事に鉄分やビタミンB12を補うだけでRLSの症状が緩和されるかもしれません。
しかし、ビタミンやミネラルを摂取しすぎると、
健康を損なう危険性があります。で
すから、鉄分やビタミンの栄養補助食品を使うかどうかを決定するにあたっては、健康管理の専門家と相談すると良いかもしれません。

また、症状を悪化させるあるいは、持続時間の長さや強さを助長してしまう要因のあるものとしてカフェインやアルコール飲料があります。
常用的に口にされている方は
アルコール飲料全般、
カフェインの含まれているコーヒー、お茶、チョコレートなどを控えることによっても症状が軽減するとの報告もあるようです。

出典pixabay.com

The free material

RLSとうまく付き合ってゆく

もしRLSであるなら、
生活習慣を変えてみるのは良いかもしれません。
疲労や眠気は症状を悪化させやすいので、
きちんと一定の睡眠を取ることは大きな助けになります。
時には静かで涼しく、心地よい環境で睡眠を取ったり毎晩同じ時間に床に就き、毎朝同じ時間に起きるのも良いことです。

定期的な運動は、心地よい夜の眠りを促進します。
激しい運動ではなく、就寝直前に控えめな運動をすると眠りやすくなるようです
また、症状が出始めたら
一度、布団から出て歩いたり、ストレッチをしたり、温水や冷水の風呂に入ったり、脚をマッサージしたりして不快感を軽減できるかもしれません。
旅行中など、乗り物などに長時間座っていなければならない場合には、読書に没頭することが役立つかもしれません。

出典pixabay.com

The free material

……
誰にでも起こりうるRLS …
脚にムズムズが感じたら、それはサインかもしれません。
それでも、症状があったとしても必ずしもRLSであるとは限りません。
先ずは専門家や医師に診てもらうことをおすすめします。

この記事を書いたユーザー

AI-MAT このユーザーの他の記事を見る

学校(グラフィックデザイン、工芸工業デザイン)に通いながら企業に務めていました。その後、ルポルタージュや雑誌の紙面執筆、スタジオ美術などを担当、
現在はフリーライターと共に画家、デザイナー、美術の講師など多岐に渡って活動しております。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス