そば・うどん店や酒屋の角打ちのような、「立ち食い」「立ち飲み」の歴史は結構古い。日本における“立ち”の起源は、江戸の屋台だと言われる。そば、酒、寿司、天ぷらが、“立ち”の屋台で供されていた。

その文化が見直され、いまやブームのようになっている。フレンチ・イタリアンの立ち食いが話題となり、ステーキ店や焼肉屋が大盛況である。新規で開店する居酒屋や寿司屋にも“立ち”の形式が増えている。

“立ち”にすることで店舗面積が少なくて済み、経費が節約できる。しかも、ひとりの客が占めるスペースが小さく、たくさんの客を入れることができる。また、客の滞在時間が短くなるので、回転率も高くなる。経費が掛からない分、料理や酒を安く提供できるので、アピール力も高い。

客からすれば、“立ち”の看板があることで、かなり敷居が低くなる。つまり、気軽に“立ち寄る”ことができるのである。

さて、話が変わるが、こうした店に行って、気になることがある。

“立ち”のはずなのに、なぜか椅子がある店。結構たくさん存在する。大多数の人は気にしないだろうが、考えてみると不可解ではないか。

以前、どこかの店で聞いた記憶がある。「お客さんに椅子が欲しいと言われた」。あまりにも単純。あまりにも素直。客の要望にあっさりと応えてしまった結果なのである。

だが、他の店も同じ理由かというと、そうでもない。私が経験上知っている理由を挙げてみる。

●1.女性や高齢の客を気遣い、一部に椅子を置いたら、他の客もその席ばかりに座るようになったので、すべてを椅子席にした。

●2.立ち食いにすれば、客がたくさん入り、回転率も上がると考えたが、思ったほどではなかったので、サービスを向上する意味で、椅子を置いた。

●3.最初から椅子はあるが、一部を取り払い、“立ち食いブーム”に乗っかった。

●4.椅子はあるが、小さな店なので、安くて気軽な雰囲気をアピールするために、“立ち飲み”という看板を出してみた。

●5.古くからの常連さんが高齢化したので、座れるようにした。

このように理由はさまざまで、決まった答えはないようだ。

いずれにしても、椅子があるのに堂々と「立ち食い」の看板を出しているのは、非常に興味深い。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 広告
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら