パラリンピックの開会式をやっとテレビで観た!

オリンピックに関しては、どの国のテレビ局、報道陣も力を入れていますが、果たして、パラリンピックとなるとなかなかというのが実情だったような気がします。
そんな声が世情にも広がって来ているのでしょうか?
2016年リオ・パラリンピックは、オーストラリアの民放局で放送されるようです。
そんな今朝は開会式に釘付けとなりました。

2016年リオ・パラリンピックの開会式の感動と涙を紹介

各国選手団の行進は、国の大きさや選手の数なんて関係ありません。たった数人しか出場できない小国ですら、この時ばかりは世界の注目を浴びます。
パラリンピックですから選手の皆さんは、車椅子や杖を使ったり人の助けを借りたりして行進するのですが、はち切れんばかりの笑顔で堂々と登場する姿がとても美しく感じました。

Go Japan! 日本の選手団にエールを送ります!

出典Austsralia channel 7 two

美しすぎる義足のダンサーと可愛いロボット君!!

選手の入場行進、関係者の挨拶、CGを使った万華鏡のようなデザインの踊りのあと、バイオニック・サンバと名付けられた美しいブロンドのダンサーが現れました。
最初、遠目では気づかなかったのですが、クローズアップされると両足が義足です。
義足にもいろいろな種類があると思われますが、彼女の足部はパラリンピックのランナーなどが使っているカーブしたスチール製。それなのにバランスの取れた軽やかな踊り、上半身だけ映されるとまさか義足で踊っているとは思えません。
途中からKukaと呼ばれる大きなロボット君が登場して彼女の踊りに参加します。ロボット君は彼女を持ち上げたり、どこか愛嬌のある踊りを見せてくれました。
ロボット産業をはじめ最新のテクノロジーにより、義足の技術が精巧となり踊りですら可能になったわけですね。二人のコントラストがおもしろくでていました。
そして、彼女の踊りを見ていると義足だからといって制限されることは何もないように感じました。

出典 https://www.rio2016.com

エミー・パ―ディさんによる華麗なバイオニック・サンバが大観衆を魅了。

オリンピック旗を運んだのは?

オリンピック旗は8人の男性により運ばれて入場してきたのですが、よ~く見ると彼らの体の前が大きなポケットのようになっていて、その中に子供が入っていました。
子供たちはなんらかの障害を持っているようで自分たちの足では歩けず、お父さんのズボンにくっついた服の中に自分達の足を入れていっしょに歩ける仕組みになっていました。
あどけない子供達の嬉しそうな満面の笑みは言うまでもありません。きっと今まで行動の手段は車椅子による移動のみ、自分の足で立って歩くことは不可能であったのでしょう。
この子供たちは将来のパラリンピックの優良候補になるかもしれませんね。

旗の行進途中、日本の選手団の横を通ったとき、車椅子に乗っていた日本人選手と男の子一人がハイ・ファイブをしていました。なんとも可愛い光景に胸がジィ~ンと熱くなりました。

四人の選手による聖火リレー、ハプニングが起きても問題なし

過去に金・銀・銅メダルを取ったブラジルのパラリンピック選手四人による聖火トーチのリレーでは、とんだハプニングが起きました。

最初に右前腕のない選手が重そうに聖火を必死に持ち走って登場します。

次に聖火を渡されたのは、杖先に脚が4本ついた多脚型の杖を使い、歩幅がふつうの半歩にも満たず歩くのがやっとの選手。この選手が歩き出す頃、大粒の雨が降り出してしまいました。観衆がハラハラしつつじっと彼女の動きを見守るなか、雨ですべったのか選手は転んで聖火を落としてしまいました。
すぐにまわりの関係者が彼女に駆け寄り起こし立たせ、転がってしまった聖火を渡します。気丈に立ち上がる選手は聖火を持ってまたゆっくりと歩きはじめます。会場からは大歓声が沸き上がりました。誰もが心で「頑張って立ち上がれ!」と叫んでいたことでしょう。

この選手の人生上、きっと何千回も転び、そのたびに立ち上がり歩き続けてきたことでしょう。パラリンピック開会式の大舞台で転ぶことなんか大したことではないのです。大切なのは起き上がって聖火を運びつづけることでした。

出典 https://www.rio2016.com

ブラジルのヒーローにより聖火台に火が灯された。

次の選手は、18歳のときに視力が通常の10%にまで落ちてしまった女性(横にはアシストする人が付いています)。盲目でも会場の喝采と励ましの声は聴こえていました。嬉しそうに恥ずかしそうに走る選手はキラキラと輝いてみえました。

最後は、車椅子に乗った水泳選手。過去に金メダル6個、銀メダル5個、銅メダル2個をとったブラジルのヒーローです。大歓声を浴びて車椅子で進むなか、目の前に高くそびえ立つ聖火台に上る階段の下にたどり着きました。
え、どうやって上るの?というそぶりをして観客をちょっとドキドキさせます。そして階段が移動してジグザグのスロープが出来あがり、笑顔の彼はスロープをゆっくりと上り聖火台に無事に火を灯したのです。

パラリンピックのもたらすメッセージとは?

いつもオリンピックの年になるたびにパラリンピックをテレビで観たいと思っていました。テレビで放送されることがようやく一般的になった今、私達はパラリンピックをとおして大切なメッセージをいくつか受けとることができます。
「健康であり五体満足であることがどれだけ幸運であるか」
「義足でもサンバを踊れるなら、健常者ならなんだって挑戦できる」
「障害を持ちながら日常生活をしている人々への配慮や思いやりを持つことの大切さを心にする」などなど。

皆さまは、いったいどんなメッセージを受け取ることができるのでしょうか?
さあ、皆さんもパラリンピックを観て応援して、感動と涙の嵐を体験してみましょう。

この記事を書いたユーザー

sydneyshizuko このユーザーの他の記事を見る

Media翻訳・通訳・フリーランスライター。アメリカ&オーストラリア在住歴20数年、日本では得られない海外での舞台裏や感動ストリーなどを紹介します。個人のブログではさらに違った角度から英・米・豪などを追求しています。http://minamijyujisei.cocolog-nifty.com/blog

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス