袋めんブームを巻き起こしたマルちゃん製麺

「2012年ヒット商品ベスト30」にて、1位はスカイツリー、2位はLINEと続く中、4位を勝ち取ったマルちゃん製麺。その年1億食以上の売り上げをあげ、袋めんブームの火付け役となりました。

その大ヒットから4年経った2016年現在。味のバリエーションが増えたマルちゃん製麺と、怒涛の追い上げを見せているラ王袋麺の味バリエを合わせたら、大抵の麺類は食べられることに気付いたので、その味のバリエーションをご紹介します。

マルちゃん製麺の味バリエ―ション

醤油味(希望小売価格525円)

出典 http://www.maruchanseimen.jp

スタンダードな醤油味。

味噌味(希望小売価格525円)

出典 http://www.maruchan.co.jp

こちらも定番の味噌味。

豚骨味(希望小売価格525円)

出典 http://www.maruchan.co.jp

まだまだ定番、豚骨味。

塩味(希望小売価格525円)

出典 http://www.maruchan.co.jp

塩味。

ここから袋麺としては珍しい味のご紹介

鶏白湯味(希望小売価格525円)

出典 http://www.maruchan.co.jp

こちらは目新しい印象、鶏白湯(とりぱいたん)味。濃厚な鶏の出汁を使ったラーメンです。野菜とよく合います。

東京で人気の鶏白湯ラーメン(イメージ)

出典 http://r.gnavi.co.jp

こちらは袋麺とは関係ありませんが、鶏白湯ラーメンのイメージが湧く画像です。

カレーうどん(希望小売価格525円)

出典 http://www.maruchan.co.jp

マルちゃん製麺はラーメンだけでなくうどんの袋麺もあるんです!こちらはカレーうどん。カレーうどんが好きな人は、買い置きしておいてもいいかも。袋麺の形式でカレーうどんが作れる機会はなかなかないので、カレーうどん好きには嬉しいですね。

冷やし中華(希望小売価格525円)

出典 http://www.maruchan.co.jp

この夏食べた方もいるのでは!?冷やし中華も袋麺で楽しめるんです!!筆者は意外に感じましたが、美味しいならアリですね。

ごまだれ冷し(希望小売価格525円)

出典 http://www.maruchan.co.jp

マルちゃん製麺さんは冷やし中華好きの気持ちをよくわかっていらっしゃる!ごまだれ冷やしも必要ですよね。

つけ麺 魚介醤油豚骨(希望小売価格525円)

出典 http://www.maruchan.co.jp

魚介醤油豚骨味のタレにつけて食べるつけ麺です。つけ麺も袋麺で食べられるとは、袋麺の進化はすさまじいですね。

ラ王袋麺の味バリエーション

次はラ王袋麺の味バリエーションをご紹介します。

醤油味(希望小売価格525円)

出典 http://www.rao.jp

こちらはスタンダードな醤油味。

味噌味(希望小売価格525円)

出典 http://www.rao.jp

みんな大好き味噌味。

塩味(希望小売価格525円)

出典 http://www.rao.jp

定番塩味。

豚骨味(希望小売価格525円)

出典 http://www.rao.jp

豚骨味も人気です。

ここから珍しい味の袋麺の紹介です

豚骨醤油味(希望小売価格525円)

出典 http://www.rao.jp

醤油豚骨味。濃厚なスープが効いてます。

担々麺(希望小売価格525円)

出典 http://www.rao.jp

辛味の効いた担々スープにハマりそうな、担々麺。珍しいですよね。

ちゃんぽん(希望小売価格525円)

出典 http://www.rao.jp

ちゃんぽんも袋麺で。たっぷりの野菜と魚介類を炒めて盛りつけたら、本格的なちゃんぽんが頂けます。

冷し中華 しょうゆだれ(希望小売価格525円)

出典 http://www.rao.jp

ラ王からも冷し中華の袋麺が出ています。手軽に作れて便利ですね。

冷し中華ごまだれ(希望小売価格525円)

出典 http://www.rao.jp

冷やし中華はごまだれ味としょうゆだれの2種類です。好きな方を選べていいですね。

つけ麺(希望小売価格525円)

出典 http://www.rao.jp

ラ王のつけ麺も美味しそうです。タレに具材を足すと、満腹感アップ。

災害の備えにも手軽な袋麺を常備してみては

ご紹介したすべての袋麺は希望小売価格525円で5食入り。1つ100円程でいろんな味のバリエーションを楽しめます。つけ麺やカレーうどんなど、ラーメン以外にも楽しめる袋麺。家に常備しておくと、災害のときにも役立ちそうです。

美味しさと手軽さを両方持ち合わせた袋麺は、意外な進化を遂げていました。

この記事を書いたユーザー

かおり このユーザーの他の記事を見る

1.3.5歳の子供たちを子育て中のかおりです。文章を書くのが好きで、アメブロの更新はほぼ毎日行っています。現在自宅でWEBライターをしています。論理的で根拠のある文章が好き。でも、ぐでたまの横にちょこっと書いてあるだらしない言葉も好き(笑)旦那とは大喧嘩もするけど基本ラブラブです。よろしくお願いします。引き寄せの法則・自分を愛する大切さについて書いてます→http://ameblo.jp/kira-kirakaorin

得意ジャンル
  • マネー
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら