9月7日(水)は二十四節気のひとつ、“白露(はくろ)”。夏から秋に交代する時期といわれています。日中はまだまだ暑さが厳しいものの、頭上をふと見上げると空が高くなっていることに気付きました。秋本番も、もう目前です。

季節の移り変わりとともに、新調したいもののひとつがバッグ。お洋服の脇役のように思われがちなバッグは、意外と存在感が強いアイテムでもあります。そうは言っても荷物の入れ替えが面倒で、いつも決まったものを使ってしまいがち。うっかり夏物を使い続けて、お洋服のコーディネートから浮いていたということにならないよう、次のシーズンに向けたものも早めに用意しておきたいものです。

でも、まだ残暑が厳しいから重い色合いのバッグは持ちたくないしなぁ……。それならば、軽やかに持てて冬まで使えるバッグを、コーディネートに投入してみては?

そんな時にオススメしたいのは「ikot(イコット)」というブランド。フィリピンで仕入れた天然素材を用いたバッグを製造しています。こちらの「レザーバンカン手提げトート」は、上半分にクラッキングレザーをあしらったアイテム。ひびわれたような加工をほどこして、カジュアルな印象に仕上げました。底部分にはナチュラルなムードただようバンカン素材で編み上げたバスケットを採用。カゴバッグといえば夏のイメージが強い小物ですが、こちらは部分づかいしたことで季節に左右されず、オールシーズン使える一品に仕上げました。

手持ちではなく肩掛けで持ちたいという人には、こんなイタリアンレザーを使ったトートはいかがでしょうか?

長めのショルダーストラップを備えた「オリーチェレザー肩掛けトートBAG」。ちょっぴりドクターズバッグのような、四角いシルエットが特徴的です。
バッグの開閉口は紐を通して閉じる仕様で、がばっと大きく開きます。荷物が多い時にも頼れる大容量です。

色は、秋らしさたっぷりの、オリーブのような“グリーン”と“レッド”の2色から選択可能。

少ない荷物で出掛けたい時に使えるバッグも2点ご紹介しましょう。

まずは、こちらの「オリーチェレザーミニショルダー」。本体生地には先ほどのショルダートートと同じ、イタリアンレザーを使用。色展開も同様に、“グリーン”、“レッド”の2種類です。

三日月型のポシェットを開くと、カードが入るスリムポケットが10個備えられています。
正面にはファスナー付きのポケットも装備。こちらを紙幣や硬貨を入れるスペースとして使えば、お財布ポシェットとしても役立ちますね。

もうちょっとポップなデザインのものがコチラ、「ラフィアボーダー2WAYミニショルダー」。色とりどりのラフィアとアクリル糸で織り上げた、個性的なミニバッグです。
写真のように肩掛けで持ってもOK。上部のハンドルをつかんで持ち運ぶこともできる2WAYタイプになっています。

小さく見えますが、底部分がラウンド型のため、思ったよりもあれこれ収納できますよ♪

秋冬といえば、どうしてもダークトーンの服に袖を通しがち。だからこそ、重過ぎないトーンのカバンを選ぶのが正解です!それぞれ詳しい情報は「宝島社ストア」でチェックしてくださいね。

この記事を書いたユーザー

トレジャーズ編集部 このユーザーの他の記事を見る

雑誌に登場するモデル・タレント情報、おしゃれなトレンドのトピックスが満載のニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」です! ファションやビューティ、ライフスタイルなど、幅広い分野の話題をご紹介します。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス