本日のマツコの世界は前半いなり寿司、後半はバスグッズでありましたな。
腐っても乙女である私は、主人が在宅時のみ至福の入浴タイムが得られる。
半身浴をして、漫画を読む…。
もうね…幸せとは家の中にあると断言できる極上の極みである。
っということで、マツコの世界で紹介されていたバスグッズを紹介。

詰め替えそのまま

詰め替え用シャンプーやリンスを、入れ替えることなく使用するためのアイテム。
確かに便利だしエコの観点からも素晴らしいと思うが、詰め替え用のパッケージって詰め替え用です!!って感じなものが多いから…エコとオシャレは相容れない関係なのだろう。
紹介されていたのはミニセットの方だが、↑はシャワーヘッドにアームをつけてアームに吊るせるフルセット。
バスルームにタオルかけがなかったり、あっても使用している場合はフルセットを購入したほうが良いだろう。

マグネティック ソープホルダー

フックの先端についているマグネットに石鹸を装着し使用。
デザインもシンプルで私好みである。
だが、これ…使うときどうするの?いちいち使い終わったら石鹸をセットし直すの?
それともそのまま使うの?使った後の泡だれで周辺汚れない?
っと色々不思議に思った一品。

くもらないリキッド

我が家の鏡はいつも曇っている…。
まぁ醜いもの(私)がボヤけて見えるというメリットがあるが、眉毛処理をする時にイライラするのも事実…。
塗ってから1週間ほどは完全に効果があると言っていたが、自分のだらしないボディを直視する事実に耐えられる方にオススメする一品である。

ユウブミ

何コレ?と多かろうが、これ袋の中に本を入れて楽しいバスタイムを過ごすアイテムである。
うむ…半身浴中に漫画を読む私としては、とても欲しい一品だ。
ページは思ったより捲りやすいと言っていたが、実際に使ってみないと分からない物である。
これは曇ったりしないのだろうか?

おふろdeキットパス

これ!我が家も愛用中である。
我が愛息は普段は絵を描いたりすることは稀だが、風呂場では何故かアーティストに目覚めるらしい。
ちなみに画伯という名称がピッタリな絵を描くので、見てて楽しいものである。
簡単に消せるし、跡残りもしないのでオススメの一品。

ホットマンカラーバスタオル

マツコもビックリなお値段は4,104円(税込み)
マツコすら驚愕する値段なのだから、貧民な私には不相応間違いないだろう。
しかし…すっげ吸収率が良いらしい。
バスタオルは手が出ないが、髪を乾かす為にフェイスタオルを購入したい。
何とフェイスタオルは1,080円(税込み)と良心価格!

この記事を書いたユーザー

トロロ このユーザーの他の記事を見る

不妊治療の末、2011年8月に男児を出産。
親バカでスペクタクルな毎日。
http://ameblo.jp/visvis/

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス