出典 http://iitokoronet.com

皆さんは『贅沢』と聞くと何を想像しますか?お金に困ることもなく、好きなモノを買い、好きなモノを食べ、高級車に乗り、タワーマンションなどで暮らすこと?

今、Twitterで、大正ロマン溢れる時代に生きた祖母に学んだ『贅沢の意味を履き違えてはいけない』という投稿が注目されています。

Twitterユーザーのヤマネコさん。大正生まれ武家筋のガチお嬢様の祖母に学んだ『贅沢』大正期の都会の華やかさと不安感が混在した時代を生きた祖母の教えは、ただ『贅沢』だけに留まらず、人に感謝することも教えてくれています。この投稿は、『人生の一文に刻んでおきたい…!』『大切なことを教えてもらえ羨ましい』など大きな話題を呼んでいます。

おばあさまが語った『本当の贅沢、贅沢の意味を履き違えてはいけない』をご紹介させて頂きます。

女子に生まれたからには、きちんと贅沢をしなさいと言われて育った。
「贅沢」とは身の丈に合わない浪費の事ではない。
自分に出来る精一杯の範囲で本物を知り、
本物を教えてくれた人に感謝するのが「贅沢」なのだと。
そうじゃないと偽物で騙そうとする男に引っかかるから、って

そして、贅沢するのに他人の財布は絶対当てにするなというのも祖母の口癖だった。
本当の有り難さが分からなくなるから、自分で苦労したお金で贅沢しろって。
気位高くて、一生涯お嬢様気質の抜けない人だった

出典 https://twitter.com

私たちが想像する贅沢とは全く別物。目からウロコが落ちるようです。お金を湯水のごとく使うのではなく、自分の身の丈に合った贅沢とは『何が本物か知り』『本物を教えてくれた人に感謝すること』誇り高く生きたお嬢様、本当の意味で贅沢を知っているからこそ出てくる言葉。

誰もが、「頑張る自分にご褒美」や「今日は特別」などの身の丈に合わない贅沢をしてしまいがち。大正時代、西洋文化と日本文化がまさに融合する、和洋折衷の独特の味がある時代でたくさんのモノを見てきたのでしょう。おばさまの言葉は、心に響くものがあります。

大切なことを教えてくれたおばあさま。その教えを私たちにも教えてくれたヤマネコさん。多くの人が、おばあさまの言葉を心に留めておきたいと感じたようです。人それぞれ価値観がありますが、単に煌びやかなモノだけが『贅沢』ではありません。現代に生きる私たちだからこそ、覚えておきたいこの言葉。本物に触れることが、少なくなったという人も多々いますが、いつ出会うかなんて誰にも分かりません。そして、いつ出会ってもいいように、苦労して仕事のスキルを磨き、本物を見極める目を自分で養う、そういう生き方、とってもカッコイイと思います。

偽物で騙そうなんて男には引っかかりたくありません(笑)

Thanks for reading to the end.

※権利者の許可を得て掲載しています。

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス