ご覧いただきありがとうございます。

今日はアーティフィシャルフラワーのメリット、デメリットについて書いてみたいと思います。

アーティフィシャルフラワーのメリットはどんなものでしょうか。
・人工素材で作られているので耐久性があります。プリザーブドフラワーのように持ち運びに気を使うことがあまりありません。クリアケースに入れて持ち運ばなくでもよいのです。
・玄関外に飾っていただけます。人工素材で作られているからです。
・生花に比べると、長期間飾れます。半永久的に飾っておけます。
・水分に強いです。人工的に作られたものなので、水替えいらずです。洗面所やおトイレなど水回りにも飾っていただけます。お花があると洗面所、おトイレも明るくなりますよね。埃をかぶってしまったとしても拭いていただければ大丈夫です。
・プリザーブドフラワーとは違って茎を見せることができます。
・色々なお花、葉物、多肉ちゃんなどの花材があるので、アレンジの幅が広がります。
・お店やご自宅などの雰囲気に合ったアレンジ、季節に合ったアレンジが作れますし、飾っていただけます。

ではデメリットはなんでしょう?
・生花ではないので、生花の持つ香りがありません。
・手触りは本物には敵いません。人工素材で作られているからです。
・お値段が高い。高品質ですから。
・生花の儚さが好きという方には向きません。半永久的にもつものだからです。

これらのことを踏まえてアレンジをしていくと、アレンジの幅も広がります。
そして、楽しんでいただけると思います。

この記事を書いたユーザー

お花大好き このユーザーの他の記事を見る

お花が大好きです。
庭の花、生花、プリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワーなどについてご紹介していきたいと思います。

得意ジャンル
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 暮らし
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス