ネスレ日本が展開するオフィスコーヒー「ネスカフェアンバサダー」はご存知だろう。

ネスカフェ「バリスタ」「ドルチェグスト」と呼ばれるコーヒーマシンをオフィスに無料で設置し、1杯20円ほどのコーヒーを提供するシステムで、その社内管理者を「アンバサダー」と称している。

オフィスコーヒーに関しては、これまでオフィス用品の会社が定期的に巡回して、コーヒー・パウダー・砂糖などを補充していたり、ベンダー(自販機)業者が管理したりしていた。

その市場に、ネスレが直接介入してきたのである。

いまは、どの業界でも中間業者を排することで、コストを削減しようと躍起なのである。

だが、オフィス用品の会社やベンダー業者と同じことをしていては、専門の部署や多くの人材が必要となり、非効率な事業拡大をすることになってしまう。

また、同じ事業形態では、競合に食い込むことは困難である。そこで、これまでにはないシステム、目新しさ、経費を掛けない方法を考えたのである。

それが、「ネスカフェアンバサダー」。

「マシンを無料で提供するから、管理は社内でやってね」である。

コーヒー・パウダー・砂糖の注文やマシンの清掃などは、アンバサダーの役割となる。

「アンバサダー=大使」という名称に、なんとなく“格好良さ”を憶える上、アンバサダーは仕事の見返りとして、自身にもコーヒーマシンが貰えるのである。

これにより、ネスレとしては営業マンが不要となり、コーヒー管理者を無料で雇っていることになる。

さらに、本来なら営業マンが会社を訪問し、「置いてもらえませんか?」と説得してまわるのだが、ネスレはアンバサダー候補に、その役割さえ担ってもらっている。

頻繁に流れるテレビCMもそうだが、ネットでは「ラクラク社内説得キット」というファイルを用意し、アンバサダーになりたい人が、上司・会社を説得するように仕向けているのである。

事業を展開する上で、もっとも高い経費は人件費である。

マシンの無料提供、テレビCM、ネット広報で経費が掛かったとしても、恒久的な人件費に比べれば、微々たるもの。

その人件費の掛かる部分を「ネスカフェアンバサダー」が無料で働いてくれるのである。実に巧みな戦略ではないか。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • グルメ
  • 広告
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら