出典 http://www.mymodernmet.com

美しい虹色の羽を持つ「ミノバト」この鳥が、17世紀末に人間によって滅ぼされてしまった幻の鳥「ドードー」の近縁だということが、近年のDNA分析の結果で判明し話題になっています。

飛べない鳥『ドードー』

出典 http://webhitode.com

1681年に絶滅してしまったドードー。分類される科は唯一無二の「ドードー科」全長約1メートルの大型。25センチにも及ぶくちばしと、おでこと羽の境目がハッキリしたユニークな鳥。目は、なんだか人間みたい!羽が退化してしまい飛べない鳥になってしまったのですが、モーリシャス島の豊な自然の中、駆け回っていました。

しかし、15世紀中ばから17世紀中ばまで続いた大航海時代初期。遂に、当時のポルトガル人により発見された「モーリシャス島」そして、「ドードー」

その後、オランダ人により植民が開始され、飛べない鳥は「食用」として乱獲され、その数を急激に減らしていきました。

出典 http://webhitode.com

更に、彼らが連れ込んだ、犬や猫、また船内に潜んでいたネズミ等の成体に、卵まで食べられ17世紀初期、ドードーは絶滅してしまったのです。


そして、今、その仲間…近縁だと判明した「ミノバト」その姿はドードーとは全く別物。美しい虹色の羽をもつ神秘的な鳥となり注目を集めています。

ミノバト

出典 http://www.mymodernmet.com

ハト目ハト科に分類される鳥類の一種。体長約40cmと大型のハトで、首から背にかけて蓑のような羽を持っていることからその名が付いた。

東南アジア、インドネシア、ベンガル湾に浮かぶインド領のニコバル諸島などに生息し、別名を「ニコバルバト」という。


出典 https://ja.wikipedia.org

ミノバトは、食物食で果実や種子などを求め、ニコバル諸島、ソロモン諸島などを渡りながら放浪します。生まれたばかりの、幼鳥のミノバトは黒っぽい羽を持ち、成長するにつれ虹色の羽へと変化していくとのこと。

出典 http://www.mymodernmet.com

専門家によると、天敵の少ない隔離された島で育ったミノバトは、同化する必要もなく鮮やかな色のままでいれたのではとのこと。正確な生息数は不明。ただ、森林破壊、や天敵のいなかった島に持ち込まれた猫、ネズミなどの影響でその数は確実に減っているそうです。

ミノバトって知ってる?息が止まるほど美しい。ドードーの親戚なんだって。

出典 https://twitter.com

鮮やかな虹色が眩しい!

出典 https://twitter.com

日本でもミノバトに会える!

出典 http://www.mymodernmet.com

誰もを魅了する美しい羽を持ったミノバト。日本でも会うことができます。福岡市動物園、上野動物園、熊本市動植物園(現在は一時閉園中)などの動物園でミノバトのファンタスティックな姿を見ることができます。

恐竜が出現した三畳紀、ジュラ紀〜白亜紀と続きますが、この頃、生物が絶滅していたのは1000年に1種類と考えられています。1900年代に入ると1年に1種類の生物が絶滅。そして、今は4万種以上の生き物が絶滅していると言われています。

これって恐ろしくありませんか?ドードーが絶滅した時代、大航海時代と聞くと楽しげな雰囲気ですが「植民地主義的な海外進出」新たな利益を生み出すべく人間が海外侵略を始めたのです。その犠牲になってしまったドードー

そして、そのDNAを引き継いだミノバト。Twitterのハッシュタグ『秘密にしておきたかった生き物』にも常連。ドードーのような悲しい運命を辿ることなく、誰もが目を奪われる美しい姿を見せてほしいですね♪

Thanks for reading to the end.

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら