タティングレースとは?

タティングレースを編む専用の道具、シャトルを使って編むレース編みのことです。必要な道具はレース糸を巻いたシャトルだけなので、他の編み物道具よりも手軽に持ち運びができます。小さなモチーフなら短時間で作れるのも魅力の一つ。隙間時間に手仕事をするのが好きな人におすすめです。

普通のレース編みよりも薄く繊細な作品に仕上がるので、ハンドメイド作品の手作り感が苦手な人でも楽しめます。今一番HOTな編み物と言っても過言ではありません。

まずは道具を揃えましょう

出典 https://jp.pinterest.com

シャトルは使用する糸の色の数と同じ数必要です。複数のシャトルを使って編むと、カラフルな作品に仕上がります。

タティングレース編みをするには、少なくともシャトル1つとレース糸が必要です。シャトルは手芸屋さんや通販で購入可能です。初心者は編み図以前に編み方から覚える必要があるので、タティングレース初心者用の指南本も必要です。

初心者におすすめはクローバーのシャトル

出典 http://www.amazon.co.jp

スタンダードなシャトルと言えば、このシャトル。手芸、特に編み物の分野で有名なクローバーから出ている5つ入りシャトルです。シャトルが5つあれば、5色使いのモチーフを編むこともできます。

出典 http://atsaka.exblog.jp

シャトル一つでも素敵な作品が編めますよ。

出典 https://www.google.co.jp

シンプルなシャトルだと寂しいので、イラストを描いたりシールを貼ったり、デコパージュしてみるのもいいですね。

初心者向けの本で編み方の基礎を覚えよう

出典 http://www.amazon.co.jp

最初につまずくと挫折しがちなタティングレース編み。初心者はまず簡単なモチーフをキレイに作れるように練習しましょう。シャトルの使い方や編み方に慣れてくれば、編み図を見ながら大作にチャレンジできるようになります。

こちらは筆者が参考にしている本です。編み方の知識ゼロから始めた筆者でもモチーフを編めるようになったので、不器用さんにもおすすめです。

好きなレース糸でモチーフを編んでみよう

出典 http://yukipiri2.blog.fc2.com

ミックスカラーのレース糸を使えば、シャトル1つで糸替えをせずにカラフルなモチーフが編めます。こちらはダイソーで売っているレース糸だそう。ダイソーには初心者におすすめの太めのレース糸(20番)が豊富に売っているので、最近タティングレースを始めた筆者もお世話になっています。

出典 http://rosecross-sewingdiary.at.webry.info

80番・100番・120番・160番など、レース糸は数字が大きくなるにつれて繊細な細さの糸になります。(80番は160番より太い)

初心者は20番など、網目がくっきりと見える太さの糸で練習した方が編み方の練習になります。太い糸の方がほどきやすいので初心者向き。細い糸は繊細で小さな編み上がりになるので、タティングレースの醍醐味である繊細さが存分に味わえます。

基礎をマスターしたら、無料編み図を参考に

出典 http://rosecross-sewingdiary.at.webry.info

繊細さが素敵なタティングレースのモチーフ編み。パターンを繰り返すことで、大きな作品も繊細に仕上がります。

基本の編み方を覚え、小さなモチーフが作れるようになったら、無料編み図サイトを参考に対策に挑んでみましょう。少しづつ大きな作品にチャレンジするのが、楽しく編むコツです。

タティングレースの無料編み図リンク集

大手手芸サイトやハンドメイドサイトのタティングレース無料編み図は、筆者が紹介するまでもないと思うので割愛します。個人のタティングレース作家さんの編み図や、オリジナルパターンの編み図を中心にご紹介します。

出典 http://mazourkairis.com

上のサイトで紹介されている編み図を編んだもの。

編み図を見て作るのが難しければ、youtube動画を参考に

出典 YouTube

編み図だけではわかりにくいという人には、youtube動画を見ながら作るのがおすすめ!

出典 YouTube

出典 YouTube

アルファベットの編み方も無料でわかる!これは嬉しいですね。

暇な時間をタティングレースで素敵な趣味時間に

タティングレースで作ったモチーフは、ハンドメイドアクセサリーに加工するととってもかわいい。他にも用途は無限大!既存の編み物とはまったく作り方が違うので、最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れればこれほど簡単な編み物はありません。

無料編み図やyoutube動画を参考にすれば、100均のレース糸と単品のシャトルを揃えるだけで作ることも可能なので、500円あればタティングレースを編むことができます。少しでも興味があるのなら、挑戦してみて下さいね。

この記事を書いたユーザー

かおり このユーザーの他の記事を見る

1.3.5歳の子供たちを子育て中のかおりです。文章を書くのが好きで、アメブロの更新はほぼ毎日行っています。現在自宅でWEBライターをしています。論理的で根拠のある文章が好き。でも、ぐでたまの横にちょこっと書いてあるだらしない言葉も好き(笑)旦那とは大喧嘩もするけど基本ラブラブです。よろしくお願いします。引き寄せの法則・自分を愛する大切さについて書いてます→http://ameblo.jp/kira-kirakaorin

得意ジャンル
  • マネー
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス