出典筆者撮影

知らない人も多いと思うが、10万円支払って堀江貴文さんと一緒に高級寿司を食べる企画「堀江貴文とカウンターで高級寿司を食べる」という企画がおこなわれていることを知っているだろうか?情報の発信はFacebookやTwitterから発信されており、10万円さえ支払えば誰でも参加出来る。主催している会社はテリヤキ株式会社。

開催している回数は既に20回を超えており、定員数は1回あたり約10名と少人数でおこなわれる。先着順の受付となっており、定員の人数となれば締め切られてしまう。という訳で情報を確認した時はまだ定員に満たしていなかったので10万円支払って応募してみた。


イベントの参加費の支払いに関しては「Peatix」というアプリ使って申し込みをする。FacebookやTwitterをやっている人であればこれらのアカウントを使用してログインができる。支払いは現金でも可能。支払いが終了すればアプリの中に参加するチケットが表示される。これで最初の準備は終了。

出典筆者撮影

そして当日を迎え、会場にやってきた。今回参加したお店は大阪府大阪市北区にある「寿し処 黒杉」というお店。新ダイビルという建物の2階にあり、ひっそりとした入口であった。ちなみに時間は18時から20時までの2時間という限られた時間である。

お店の中に入り、まずは受付をする。主催する会社の方に自分の名前を伝え、席へ案内をしてもらった。まだ誰も会場には到着しておらず、一番乗りで入った。あと少しであの堀江貴文さんが自分の横に座ると思うと、緊張感が徐々に高まってくる。この心境は普段では味わえないような心境であった。そして開始となる18時前にようやく、他の参加者の方々が入店してきた。他の参加者が全員揃うとまたさらに緊張感が増してくる。

スタッフの方からまずはスタッフの名刺を貰う。そして堀江さんの名刺を貰う。名刺を持たないというイメージであったが、実際には堀江さんの名刺が存在していたことに驚いた。その後はイベントの説明が入り、説明が終了した後についに本人が登場した。テレビやYouTubeや本で見るあの堀江さんだ!という興奮。まさしく本物であった。私は1番乗りで入ったので堀江さんは真っ先に私の横に座った。とにかく距離が短い。そして真横にいるという圧倒的な存在感。本当に何も言えなくなる心境であった。そして本人を真横にして乾杯が始まる。

この鮨会では本人と20分間話す時間が与えられる。参加者はこの20分間という短い時間が勝負なのである。20分間、会話をさせて貰ったが、質問の内容はシンプルで良いということ。ややこしい質問や遠回しの質問はいらない。とにかくシンプル。それだけで良い。そうすると、堀江さんから回答が出てくる。私は少し論破されたがこれだけは分かった。堀江さんの一言で本気になれるということ。これは間違いない。あの堀江さんが言ってくれたんだから本気でやってみよう!そういう気持ちになれる。そして色々な話を聞けて20分間という時間が終わった。目の前には美味しい料理やお酒が出てくるのだか、そんなことはどうでもよくなるという感じだった。とにかくその瞬間をいかに大事に使うか。ただそれだけだった。

そして会話が終了し、料理を頂くことにした。ほんの一例だがこんな感じで出てくる。

出典筆者撮影

出典筆者撮影

出典筆者撮影

出典筆者撮影

会話を終えてから頂く数々の料理が一品一品、美味しく感じた。さすがは厳選されたお店である。そして食べ終わったら待ちに待ったお寿司が登場してくる。

出典筆者撮影

出典筆者撮影

出典筆者撮影

出典筆者撮影

出典筆者撮影

出典筆者撮影

出典筆者撮影

出典筆者撮影

お寿司に関しては赤酢を使用していて、醤油は使わなくても十分美味しかった。どのネタもとても美味しかった。そして最後にデザートが付いてた。こんな感じ。

出典筆者撮影

お酒は生ビールもあったが、日本酒や焼酎もあった。料理だけではなく、お酒も美味しく楽しめるお店だった。

出典筆者撮影

出典筆者撮影

堀江さんとの会話を終えた後でも面白かったのは他の参加者の方々と堀江さんが話をしていることを聞くことだった。色々な業界の方々がいて、普段聞くようなことがないことが耳に入ってくるのでそれだけでも勉強になる内容だった。

そして2時間が経過し、今回の鮨会が終了。最後には堀江さんとの2ショット写真が撮れる。直筆のサインも可能。大事な1枚なので家に帰ったらすぐに額縁に入れた。

出典筆者撮影

出典筆者撮影

お店を出る際にはスタッフの方からお土産を貰う。6品頂いた。

今回頂いたお土産は以下の通りである。
・壱番館の尾道生ラーメン
・山口油屋福太郎のめんべい
・日本未入荷のプレミアムワイン
・堀江さんプロデュースのカンゾウサプリ
・銀月サロンの中国茶
・三原豆腐店の豆腐生チョコ(らむれーずん)

今回のお土産はこんな感じだった。その他には美味しいお店を厳選したテリヤキアプリ1年間無料パスとHIU(堀江貴文イノベーション大学校)の初月無料参加の特権が付いてくる。

そして気になる内容だが、実際に10万円を支払ってこの鮨会に参加する価値はあるのか?ということだが正直な所、本人の価値観次第で変わる。10万円を無駄にするのも本人次第だし、10万円の価値を得るのも本人次第。結局は正解はない。ただ、得るものはそれなりにあるとは思う。それをどう感じるかはあなた次第と言えるだろう。人生を変えてみようという気持ちがあるのなら参加してみてもいいと思う。

先週から堀江さんの新しい本が発売。早速読んでみたががとても面白い内容だった。

この記事を書いたユーザー

荒井克之 このユーザーの他の記事を見る

長野県出身で現在は愛知県に在住。2008年に山梨学院大学を卒業。8年間、サラリーマンとして働き、現在はフリーランスで仕事をしていく為にTwitterを活用したりブログを書いています。大学生活ではバイクを使って日本一周もしました。趣味は登山とマラソンと読書とバイク。登山は日本百名山完全制覇を目指しており現在55座まで登頂。2014年にはアフリカ大陸最高峰のキリマンジャロを登頂。マラソンは2015年にフルマラソンでサブ4達成し、ウルトラマラソンも完走。美味しい食べ物やお菓子や食品などの新製品を探すことも大好きです。

得意ジャンル
  • 話題
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら