カステラフレンチトースト、聞いたことありますか?その名の通りカステラで作ったフレンチトーストです。

従来パンの場合、卵液が浸るまで結構時間がかかるのですが、カステラだとものの30秒で中まで染み込み焼くと外側カリカリ、中はシュワシュワに焼きあがってしまうという、朝食にもオススメの一品になるんです。


カステラを卵液に浸す!10秒で染み込む!

出典 https://otonasalone.jp

すぐに卵液を吸い込んでしまうので同時に作業しましょう。

■材料(作りやすい分量)牛乳 150ml 卵 1こ バニラエッセンス 数滴カステラ 3~5切れ  バター 大さじ1/2~1■作り方1・牛乳と卵を軽くときあわせ、バニラエッセンスを加えて卵液を作る。2・卵液をバットや皿など底が平らな容器に入れ、カステラの両面に卵液を吸い込ませる。3・熱したフライパンにバターを溶かし、弱火で片面5~7分ずつ、両面をカリッと焼く。

出典 https://otonasalone.jp

焼き目をつけるようにじっくり焼く

出典 https://otonasalone.jp

フライパンにバターを溶かし弱火でじっくり焼いていきます。
たっぷり卵液を吸っているのでカリジュワ〜〜なカステラフレンチトーストが焼き上がるんですよ。

鈴カステラでも作れる

出典 https://mobile.twitter.com

弱火でじっくり焼いて下さい

カステラさえあれば普段冷蔵庫にあるもので作れますのでぜひ作ってみてください。
一度食べたらしばらくは病みつきになりそうです。

この記事を書いたユーザー

nanami* このユーザーの他の記事を見る

ぱんお菓子作り大好き♫可愛い雑貨も大好きです!

得意ジャンル
  • 料理
  • 暮らし
  • ゲーム
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス