各方面で活躍する、芸能人の出身校をまとめてみました

■柳原可奈子■1986年2月3日生/日本のお笑いタレント、ナレーター
(太田プロダクション所属)
・個性的なショップ店員キャラでブレークした柳原可奈子さん。
出身校は【東京アナウンス専門学校】
最近では特徴的な可愛らしい声でナレーター業としても活躍しています。
アナウンス学校出身の賜物なのでしょうか…そう思うのもうなずけますね。

出典twitter.com

高田純次■1947年1月21日生/日本の俳優、タレント
(テイクワン.オフィス所属及び代表取締役)
・ミスター無責任、世界一いい加減な男と称し、無茶ぶりキャラとしてコアな人気を博している高田純次さん。
出身校【東京デザイナー学院】
専攻はグラフィックデザイン科、学生時代からポスター等のデザイン、制作などのアルバイトに励んでいたそうです。
長女はデザイナー、次女は美術活動をしているとの噂も…高田さんの出身校から考えると芸術一家なのかもしれませんね。

出典talent.yahoo.co.jp

■永作博美■1970年10月14日生/日本の女優、歌手
(田辺エージェンシー所属)
・童顔でいつまでも可愛らしい永作博美さん。
出身校【東京調理師専門学校】
調理学校に行っていた経験もあり、とても料理上手で2015年には神宮前に念願のカフェをオープンしたそうです。
しかし、20年前に調理師免許を取得したにもかかわらず、申請をしていなかったそうで、そして最近になって申請しなければいけないことに気付き時を経て免許証をもらったそうです。

出典talent .yahoo .co .jp

■土田晃之■1972年9月1日生まれ/日本のお笑いタレント
(太田プロダクション所属)
・最近では雛壇芸人の代表格との呼び声高く、また毒舌としてもお馴染みの土田晃之さん。
出身校【東京アナウンス専門学校】
専攻はお笑いタレントコース、そこで磨かれたタレント性もあり、お笑いの枠に止まらず、最近ではアイドルグループを中心とした番組のMCやワイドショーのコメンテーターをすることも。
将来はその能力を活かして宮根誠司さんのようなメインMCをする日も近い?

出典talent .yahoo .co .jp

■マツコ・デラックス■1972年10月26日生/日本の女装タレント、コラムニスト、エッセイスト
(ナチュラルエイト所属)
出身校【東京マックス美容専門学校】
・今や飛ぶ鳥を落とす勢いでテレビで観る日はないぐらいの人気のマツコ・デラックスさん。
学校卒業後は美容師見習いとして働いていたそうですが、何か違う…と思っていた時に人生を見つめ直し、出版社に入りゲイ雑誌などの編集者、執筆活動…そして芸能界入り。
そんなマツコさんですがメイク術にはこだわりを持っているそうで、美容専門学校出身と言うのもうなずける気がしますね。

■狩野英孝■1982年2月22日生/日本のお笑いタレント、歌手
(マセキ芸能社所属)
・ナルシスト、自称イケメンキャラとしてブレーク…お笑いタレントの他、歌手活動や俳優、ご実家の家業を継いで神主として多岐に渡って活動されている狩野英孝さん。
出身校【日本映画学校】(現 日本映画大学)
専攻の俳優科卒業ということもあり、俳優志望でしたが映画や芸能事務所のオーデションになかなか受からず人伝いで今の事務所に入り芸人の道へ。
俳優を目指していたのは意外かもしれませんね。

いかがだったでしょうか?意外!それともああ、やっぱりと思われましたか?
各々の活躍ぶりを見ると、各専門分野のノウハウが活かされているのではないでしょうか…

この記事を書いたユーザー

AI-MAT このユーザーの他の記事を見る

学校(グラフィックデザイン、工芸工業デザイン)に通いながら企業に務めていました。その後、ルポルタージュや雑誌の紙面執筆、スタジオ美術などを担当、
現在はフリーライターと共に画家、デザイナー、美術の講師など多岐に渡って活動しております。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス