大きな市役所には、いっぱいカウンターが並んでいる。上の案内板を見ながら、目的の部署を探して行き、カウンター前に立つ。役所というところは、だいたいここで待たされる。こちらが声を出さないと、絶対に応対しない。

「すみませ~ん」と、やや低いトーンで声を掛けてみる。すると、どこの役所でも同じ雰囲気を味わうことになる。1回呼んでも誰も来ないどころか、こちらを見ようともしない。誰かが応対するだろう、と踏んでいるのか。必ず2回呼ばなければいけない。しかも大きな声で。

すると、こちらから見て一番手前の女性が、ノソ~ッと動き出す。“めんどくせぇなぁ~!”という顔で、「はい、何でしょう?」と元気なく答える。

この瞬間に、第1回目の「民営化しろ!」という感情が、ムクムクと湧いてくる。「お前ら税金で喰うとんのやろ! もっと愛想よぉせんかい!」と、ガラの悪いおっさんなら言うだろうが、私は若干紳士なので、「民間なら、明るい笑顔で応対してくれるのに」と思うだけである。

用件を伝えると、「少々お待ちください」と必ず言う。その部署の人間なのに、上司に聞かなければわからないことが多い。ここでまた、待たされる。仕方がないので、カウンターの中を眺めることになる。で、いつもの光景を見る。

座っている席から想像して、その部署の「長」であろう人間は、だいたい新聞を読んでいるか、書類を眺めているフリをしている。たまには仕事をしているのかもしれないが、私は見たことがない。

他の連中はというと、「長」に近い順に……書類やパソコンを見ながら、考えごとをしているフリをする人。書類を見ながら何かを書いている、あるいはパソコンを操作している人。書類を見ながら、パソコンにデータを打ち込んでいる人。どの部署でも、ほぼ同じ光景を見る。

そして、役所内はだいたい静かである。クチャクチャしゃべっている人はいない。さすが、公務員は真面目な人ばかりだ。なんてことはない。

おしゃべりしていると、住民に何を言われるかわからないから、ただひたすら、仕事のフリをしているのである。まぁ、これは私の偏見だとしても、この瞬間に第2回目の「民営化しろ!」という感情が、高ぶってくる。

どう考えても、事務的な仕事ばかりだ。高い給料の公務員でなくとも、民間でできる。と言うと、「情報の漏洩が危険だ」と言う。

そんな心配は無用だ。むしろ最近は、公務員の犯罪が多いので、民間の方が安心できる。民間は、問題を起こせば信用を失うので、公務員より安全なのではないか。

役所内の事務的な仕事をアウトソーシングすれば、人件費すなわち税金が大きく節約できる。役所内で高い給料を必要とする職種はごくわずか。創造性を発揮しなければならない上層部とその予備軍を確保しておけば、後は民間で充分に対応できる。

またここで、文句が出るだろう。すべての公務員がその予備軍だ、と。大企業ならそんな理屈も通るだろうが、税金で運営している組織である。少数精鋭で、人を育てるべきなのだ。

中小企業が大量の人材を雇うことはできない。徹底的に無駄を省いて、人を育てている。そこを見習ってほしい。

そして、事務仕事は民営化すべし。できないなら、中小企業並みの給料に下げるべき。仕事に見合った給料でなければ、おかしいのである。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 広告
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス