赤ちゃんが産まれると、誰しもまず母乳を飲ませるように
産院から指導されますよね?

決してミルクを否定する訳ではなくて
筆者のとても辛かった経験として
ここでは頻回授乳について記します。

母乳指導

出産するとプロラクチンとオキシトシンという
ホルモンの影響で、母乳が生産されます。
初乳は特に赤ちゃんを守る抗体成分や栄養が含まれているため
飲ませるように産院でも指導されるかと思います。

ただ出産後、胸が張る張らない、
母乳が出る出ないと個人差があります。

筆者は産後の乳腺開通マッサージという、
母乳が通る乳管を開通させるマッサージ(物凄く痛かった)
を受けたにも関わらず、
ほとんど母乳が出ませんでした。

そして退院指導でも言われたことが

「とにかく吸わせること」

初めての赤ちゃんのお世話と頻回授乳スタート

産後の傷も癒えないまま、慣れない赤ちゃんのお世話と
授乳がスタートします。
1日がとても長く感じるような
ただひたすらにオムツを替えて授乳して…の繰り返し。

育児書には「2〜3時間おき」などと書かれていますが
とんでもない。

筆者の場合は日中は1時間もてば良い方でした。
夜に至っては、朝になるまでに10回位起こされて
ほとんど眠れませんでした。

この頃は量が足りていなかったので、赤ちゃんの体重が増えず
ミルクを足すように乳児健診で指導されてしまいました。
筆者の場合は陥没乳頭であったのと、赤ちゃんがうまく吸えていないとの事でした。

ミルクを足して混合にしていましたが、それでもとにかく吸わせていました。
乳首が切れたり、乳頭保護器や搾乳器の使用
あまりに泣くのでミルクにしたらと実母に言われたりと
筆者の母乳育児初期は本当に悩ましく辛い日々でした。

軌道にのる

3ヶ月も過ぎるとミルクを飲まなくなってしまい
母乳だけになってきました。
きっといつか軌道に乗ります!
乗ればこっちのものです!!!
親子の息が合ってくると、だんだんと受注生産型になり
吸われると出るようになります。

辛くとももう少しだけ頑張って!

筆者は第一子の時はママ友のなかでは1番の頻回授乳で
本当にヘトヘトでした。痛くて涙したこともあります。
本当にこんな感じで良いのかわからなくて辛かった事を
思い出します。

個人差があるので一概には言えませんが
筆者は頻回授乳によってなんとか母乳育児が出来ました。
最後は卒乳という形で終われて、とても満足しています。

頻回授乳は辛いですがもう少し、あと少し頑張ると
軌道にのるかもしれません。

人それぞれの育児

育児は人それぞれ。
マニュアルなんて役に立ちません。

筆者は第二子の時は打って変わって、
母乳がじゃんじゃん出ました。

第一子の時は母乳育児に積極的な産院ではなく
すぐにミルクが用意されていましたが
第二子の時はすぐに母乳をあげたいからとお願いして
産後すぐに飲ませることが出来ました。

赤ちゃんが大きめだったこともあり、飲むのも上手だし
すぐに溢れるほど母乳が作られました。
張ってカチカチの胸や
母乳が作られているのが体感でわかるほどになっていきました。

こうやって母の体も変わっていきます。
もし母乳で育てたいと少しは思っているママさんがいたら
頻回授乳も一時です。
母乳体験も人間として面白い体験かもしれません。
ストレスにならない程度に少し頑張ってみませんか?

今、頻回で辛い。とか、
母乳を諦めようとしている新米ママさんがいたら
辛い。
辛いけどもう少しだけ!とエールを送るとともに
筆者の体験が役に立つと良いなと思います。

この記事を書いたユーザー

mimimimi このユーザーの他の記事を見る

アラフォー二児の母です。

得意ジャンル
  • おでかけ
  • 育児
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら