やっぱりと思った人も多い!?有吉弘行と夏目三久の結婚&妊娠のニュース!

タレント有吉弘行(42)とフリーアナ夏目三久(32)の交際報道をめぐり、ここにきて芸能マスコミが真っ二つに割れている。“スクープ”を最初に報じたのは8月24日の日刊スポーツ。「真剣交際が分かった」ばかりか、「夏目は妊娠」しているとも書いていた。

 しかし、どういうわけか各テレビのワイドショーはこの話題を完全スルー。何事もなかったように他の芸能ネタを取り上げていたが、1日発売の「週刊文春」と「週刊新潮」が足並みを揃えるように「交際は事実であるにもかかわらず、夏目が所属する田辺エージェンシーの田邊昭知社長にひねり潰された」と報じたのである。

 特に「文春」は、有吉の所属事務所が当初「出ちゃったらしょうがない」という態度だったのに、田辺エージェンシーから猛抗議が入り、「事実無根」に態度を変えた“内情”まで暴露していた。

 すると今度はこれに呼応するかのように、日刊スポーツのライバル紙であるスポーツニッポンが当の夏目自身を1面トップに引っ張り出し、「記事に書かれているような事実は一切ありません。誰も信じてくれなくてももう一度言います。事実ではありません」などと語らせている。

 発信元の日刊はといえば、いまだに自信満々で、文春の取材に「紙面にある通りです。それ以上お答えすることはありません」と答えるのみである。この騒動、一体どう収束するのか。ひとつ気になるのは夏目の「妊娠報道」だ。芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。

「私も長くこの仕事を続けていますが、一般論として女性の『妊娠』を伝えるときは非常に慎重になります。女性にとっては微妙な問題だけに、チェックにチェックを重ねて100%の自信がある時しか報じません。これがたとえば、『熱愛』や『結婚』だったら、ただ単に2人で食事をしていただけでも『熱愛か』とか『結婚へ』などと伝えることはあります。しかしコト妊娠に限っては『妊娠か』というクエスチョン付きの表現は通常ありえないんです」

 日刊の報道でも妊娠何カ月かは分からない。しかし、記事が本当なら数カ月後には出産ということになるのだろう。その時、ようやく「決着」がつく。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

当事者である2人がここまで全否定しているのにも関わらず、いまだに結婚&妊娠説が消えないという不思議な光景。一体、ここまで強気で報道する自信はどこからきているのでしょうか。

そもそも真実はどちらでもいい!?映画「羅生門」で学ぶ"真実"の意味

映画「羅生門」とは...

出典 https://upload.wikimedia.org

芥川龍之介の短編小説 『藪の中』と『羅生門』が原作。橋本忍と黒澤監督が脚色。

芥川龍之介の小説「藪の中」を故・黒澤明監督が映画化した時代劇。ある侍の死に立ち会った、男女4人それぞれの視点から見た事件の内幕を生々しく再現する。本作の成功で黒澤監督とともに海外で高い評価を受けた三船敏郎や、『七人の侍』などの名優志村喬、大映の看板女優だった京マチ子ら豪華キャストが共演。1951年のヴェネチア国際映画祭でグランプリを受賞した、モノクロームの斬新で美しい映像や、俳優たちの鬼気迫る熱演に魅了される。

出典 http://movies.yahoo.co.jp

1950年の黒澤明監督の作品「羅生門」。主演はあの名優、三船敏郎で言うまでもなく不朽の名作です。

この「羅生門」と今世間を騒がせている有吉&夏目の報道は、とてもよく似ている部分があるのです。
劇中に出てくる男女4人が語る事件の真実は、どれも違います。真実を語れば語るほど真実は見えなくなっていくのです。そう、一つの事件は語る人によって変わってくる。それは、人間特有の"感情"がそうさせるのです。好きな人には有利なことを言い、嫌いな人には不利なことを言う。誰にだってそんな経験はあるでしょう。

現代版の映画で例えると「白ゆき姫殺人事件」かも!

映画「白ゆき姫殺人事件」とは...

出典 http://iwiz-movies.c.yimg.jp

2014年公開の中村義洋監督の日本映画。

『告白』などの原作者・湊かなえの小説を基に、美人OLの殺害容疑を掛けられた女性をめぐって人間の悪意を浮き彫りにしていくサスペンスドラマ。報道によって浮かび上がる容疑者像をきっかけに、インターネット上での匿名の中傷やマスコミの暴走など現代社会の闇が描かれる。監督は、『ゴールデンスランバー』などの中村義洋。容疑者である地味なOLを井上真央が熱演。テレビディレクター役の綾野剛のほか、菜々緒、貫地谷しほりらが共演する。容疑者がいかなる結末をたどるのか最後まで目が離せない。

出典 http://movies.yahoo.co.jp

「羅生門」が分からない人でもこの映画で例えれば分かりやすいかもしれません。「羅生門」と同じ手法が使われており、真実を追えば追うほど誰が犯人なのか分からなくなっていくのです。

"真実"は時間で解決する!?

結局、連日のように報道されていた二人のニュースはどちらか分からないまま報道されなくなってきました。話題になるだけなって、真実は明かされないままです。皆の関心が薄くなれば、報道する意味もなくなってしまう。興味を持たれるうちが花ということでしょうか...

どちらにせよ、本当に妊娠をしていたり結婚をしていたら自然と真実は見えてくるでしょう。時間には誰も勝つことができません。それは、マスコミもそれを毎日のように耳にし目にする我々も同じことなのです。

"真実"は、つくるものではありません。そこに、ただあるものだということをきちんと見分ける力が必要だということかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

ちぶ~ このユーザーの他の記事を見る

短大生の時に、映画にドハマり!それ以降は、映画が中心の生活。結婚してからも、映画愛が止まりません。それが高じて、今は自分で映画のイラストを描いております!平日にアメブロでゆるゆる評論と共に投稿しております。ここでは、自分のため込んだ映画愛を発散するべき日々精進致しますのでよろしくお願いします♪

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • 暮らし
  • 恋愛
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス