今回の水商売あるあるは、
キャバクラとラウンジを経験した私の
お店によって違うお客さん模様を書きたいと思います。


〜キャバクラ編〜

キャバクラにいらっしゃるお客さんは
若い方が多いです。
1人でいらっしゃるおじさまもいてますが、
若い方は団体か、2〜3人のグループが多いですね。


キャバクラは色恋目当てな人が多く、
こちら側としてもそうゆう対応になったりします。


指名あってのキャバクラなんでね(笑)
実際に体を使う子もいたり、
飲み過ぎで体壊したり…。
指名の席では飲み代のバックが付くので
みんな必死なのです。


それで精神的に病む子もチラホラ…。


そんなキャバクラで、
私が出会ったお客さんのお話。


指名ナシで来店するお客さんを
《フリー》と呼びます。


フリーの場合、女の子が15分単位で交代します。
その15分で場内指名取るかどうかが勝負になります。


ですが、たまにイジワルな方がいて
女の子を試すのです。


『金払ってるんやから、楽しませてナンボやろ?』
と、言いたいばかりに
付く子、付く子を無視するお客さんが
フリーで入ってきました。


No.1の子や、可愛い子、新人を付けても
お客さんは見向きもしません。


困ったボーイは、私に声をかけ
『姉さん、最後の砦や!頑張って!』


それまでの様子を見てた私は、
なかなか手強そうなお客さんに付くことになりました。


『失礼しまーす』

『…ども。』

周りをキョロキョロしながら
私には目もくれないお客さん(笑)


好みを探してるのか?
そう思い、『色んな子付いてたみたいやけど
好みの子いてるなら、付けてもらうよ?』
と聞くと
『いや、そうじゃないねん。』

じゃーなんやねん(笑)

とは、口が裂けても言いません(笑)


ここで、しゃべらないお客さんへの
質問攻めはいけません。
大人しく照れ屋な感じの方には
質問攻めは大丈夫なんですが、

そうは見えない方に質問攻めはタブーです!


キャバクラ慣れしてる方は
接客マニュアルも知ってたりするので
『お仕事なにされてるんですか?』
『年はいくつですか?』などの
基本情報な質問には耳タコなので、
通用しません。


そんなお客さんには褒めるのが効いたりしますよ(笑)
『素敵なシャツですねー』
『珍しい時計つけてますね』
『靴、オシャレですね』
が効果的です。

男性は時計や、靴にスーツ、
どれかしらにこだわりを持ってたりするものです。

それを見抜いて褒めると喜んでもらえたりします。


なので、実践してみましたが…
そのフリーのお客さんには通用しませんでした(笑)


なかなか手強い!!


質問ダメ、褒め作戦もダメ。


つぎはどんな手出そうかと思い、
周りを見ながら頭フル回転!

チラッと目が合ったボーイには
『ガンバレ!』の口パク(笑)


いやぁ…もう手がないよ…。
疲れたよ(笑)


さすがに水商売歴長い私でも、
うんともすんとも応えない人には
お手上げなります(笑)


疲れ果てた私がポロっと
『明日って、雨降るんかなぁ?』
独り言のようにつぶやきました。


それを聞いたお客さんは
プッと吹き出し、
『なんなん、自分(笑)』と笑い出しました。


え?いまどこに笑いのツボあった?


それまで私がどんな話をしてくるか
様子を見てたとゆうお客さん。

今まで付いた子はマニュアル通りのことしか
聞いてこず、
つまらなかったと話しだしました。

自分もそんな感じなんかなと様子を見てた所、
少し違う感じだったので
つぎはなにが出てくるかなと思ってたら
まさかの天気(笑)


思わずツボに入ったようでした(笑)


こっちは必死で15分ひたすらしゃべったのに
考えナシでしゃべった一言がまさかのツボなんて(笑)

結局、そのお客さんとは時間来るまで
色々と話して、連絡先も聞けたんですが
連絡しても『デートの誘いならいーよ!』としか
返事がなかったので、
そこで終わりました(笑)


たぶん、その方はどこに行っても
そんな感じなんでしょうねぇ。

なにが楽しいのかわかりませんが(笑)

結論。

お客さんも人間なので、
少々、頭の回転の早い方は試したりします。
それを必死にしゃべっても通用しない場合は
素でいったほうが上手くいったりするもんです(笑)


疲れますけどね(笑)


次回、ラウンジのお客さん編いきます!

この記事を書いたユーザー

Rio このユーザーの他の記事を見る

マイペースな女です。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 育児
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア

権利侵害申告はこちら