授乳中って薬を飲んでも大丈夫???

妊娠中に食べる物、飲む物、そして服用する薬に注意を払っていたお母さんは多いと思います。私もかなり気を遣っていました。妊娠中、特に大きな怪我も病気もせず、服用した薬も下剤くらいですみ、ほっとしました。しかし、まだまだ心配は尽きません。今度は授乳が待っていたのです。お母さんの食べた物で母乳が作られる、と言われれば、やっぱり食べる物、飲む物が気になるし、薬も服用して大丈夫なのか心配になります。

闇雲に服用するのを我慢すればいいってものでもない・・・

授乳中に薬を服用した場合、薬の成分が母乳に入って赤ちゃんに影響が出ないか心配です。ちょっとくらいなら我慢しよう、と思ってしまいます。我慢できればいいのかもしれませんが、中にはきちんと服用した方がいい薬があるかもしれません。
授乳中の薬の服用について気になるのは・・・
  授乳中に、この薬を使って赤ちゃんに影響はないか?
  授乳中に、この薬を使わないで私(お母さん)に影響はないか?
の2点ではないでしょうか。中には赤ちゃんのことを心配するあまり薬を使わなかった場合に自分が被る可能性のある不利益(病状の悪化など)を考えないお母さんもいるかもしれません。

まずはお医者さんや薬剤師さんに確認する

自己判断はいけません。まずは専門家に相談しましょう。これに尽きます。

ママのためのお薬情報

実際に薬を服用する際には専門家に確認するとして、予め薬のことについて知識を得たいときにお薦めなのが、『妊娠と薬情報センター』のサイト内で見られる『ママのためのお薬情報』です。
どんなことが書いてあるのでしょうか?

母乳には多くの良い点があることが知られています。このため赤ちゃんを母乳で育てたいと望まれるお母さんはたくさんいらっしゃいます。それでも、お母さんがお薬を使用している場合は、赤ちゃんへの影響が気になるところです。
世の中には本当に多くのお薬がありますが、お母さんがお薬を使用すると、ほとんどのお薬は母乳中に移行するといわれています。でも、ほとんどのお薬は、「母乳中に移行するけれども、その量は非常に少ない」ことが知られています。
ですから、お薬を飲んでいるお母さんが必ずしも母乳をあげることをあきらめなくてはいけないわけではないですし、また母乳をあげるために必ずしもお薬をやめる必要はありません。個々のお薬についての十分な情報をもとに、主治医の先生と相談しながら決めていくことが大切です。

出典 https://www.ncchd.go.jp

ほとんどの薬は母乳の中にその成分が混ざってしまうようです。しかし、その量が非常に少ないことから「薬を飲む=母乳中止」となる訳ではないとのことです。また、母乳に混ざった薬が赤ちゃんに影響するかどうかは、赤ちゃんがどれだけ母乳を飲むのか、ということも影響すると考えられます。
サイト内には『安全に使用できると思われる薬』と『授乳中の治療に適さないと判断される薬』の表も掲載されています。表には薬の成分名と代表的な商品名が記載されていますが、聞きなれないカタカナの名称ばかりなので、やはり専門家に相談するのが一番のようです。

冬に向けてインフルエンザのワクチン・薬の情報も確認しておきたい

まだまだ暑い日が続きますが、もう9月。来月になればインフルエンザのワクチン接種を開始する医療機関も出てくるでしょう。
サイトにはインフルエンザのワクチン、薬の情報も掲載されているので、いざという時に慌てないために本格的にインフルエンザが流行する前に読んでおいてもいいかもしれません。

何度も言うけど自己判断はダメ

妊娠していようと、授乳していようと、そしてそのどちらもしていなかろうと、薬を服用する時は説明書の指示を守り、場合によっては専門家に相談する必要があるでしょう。兎に角、自己判断はいけません。
ただ、授乳中の薬のことを知りたいと思ったら、こんなサイトで勉強してみてもいいかもしれません。お母さんは赤ちゃんのことを一番に考えて、守りたいと思っているのですから。

この記事を書いたユーザー

おうちゃん このユーザーの他の記事を見る

仕事と子育てに奮闘中です。臆病者で閉じこもりがちですが、子どもには色んなことを経験させてあげたいので、勇気をもって色んなことにチャレンジしていきたいと思ってます。

得意ジャンル
  • 育児

権利侵害申告はこちら