今年は猛暑だったり、強大な台風だったり、身体に厳しい夏ですね。
後少ししたら、少しは過ごしやすい毎日になるのではと期待してます。
でも、過ごしやすい毎日が来ると、夏に頑張った身体が悲鳴をあげる方もいると思います。
そこで紹介したいのは、身体に優しい素材
『竹布~タケフ~』です。
みんなさんは竹布をご存じですか?
竹布の素である綿はこんな感じです。

竹の綿

竹布の綿は

・すごく柔らかい
・シルクのような少し光沢がある
・不思議な感じ

と写真なので感じてもらえないのが残念です。
そんな竹布で出来た商品が何故、お薦めかというと竹布には 5つの特徴があるそうです。

・抗菌性
・吸水性
・温熱・保温性
・消臭性
・静電・低摩擦性

原材料の竹も、ただの竹ではなく
【 慈竹 】
という昔、漢方薬の解毒剤などに使われた、日本にはない竹なんだそうです。
そんなすごい竹から出来てるなんて素敵だと思いませんか?


では、竹布で出来た製品にどんな物があるかというと、
ハンカチ、ボディタオル、マスク、靴下、ストール、肌着、寝具系、服 等
沢山の製品がありすぎて全部はかけませんが、60種類以上の商品があったと思います。
その中から2点程、紹介します。

先ずは『ハンカチ』の紹介です。
大きさは 23 ✖ 23 cm のパイル地。
色は全部で4色あり、どれも柔らかい色合いです。
少し光沢があり、光沢感はシルクに少し似てる感じがします。
竹から出来ているので、抗菌性や消臭性も優れているので、普通のハンカチタオルより安心して使えます。
吸収力もよく、肌触りは柔らかくて気持ち良いです。
どのくらい肌触りが良いかというと
・洗いあがりの肌触り
柔軟剤がなくても気持ち良いのはもちろんの事、洗濯用洗剤ではなく、手を洗う固形石鹸て洗ってもゴワゴワしません。

2年使用後のハンカチ

写真では使い込んでヨレヨレ感があまり伝わりませんが、パイル部分の糸がかなり飛び出していますが、使いはじめの頃と肌触りはほぼ変わっていないと思います。
次に紹介するのは『マスク』です。
皆さんはマスクの着用は風邪を引いた時ぐらいでしょうか。
私は花粉症があるので、マスクを着用する時間や頻度がとても高いです。
そのため、使い捨てマスクではコストがかさむ為、使い捨てではないマスクを探しました。
使い捨てでないマスクは販売されている種類が少ないため肌触りは勿論、息苦しさや耳への負担など、色々な点をチェックしてマスクを選ぶのは大変です。
色々なマスクで試してみましたが、
・長時間装着していると耳が痛くなる
・息苦しく感じる
・寝ている間に外れてしまう
等、なかなか満足できるマスクは少なく感じます。

使用前のマスク

ですが、このマスクは竹布で出来ているので、肌触りや殺菌、保湿等は問題ありません。
見た目はガーゼのマスクに似ていますが、色々な色があるので、ファッション感覚で色を選んで楽しみながら使用できます。
何よりも夜、着けたまま寝ても息苦しくなく、朝まで外れることなくグッスリ眠れます。
また、耳の部分はゴムで止めて長さを好みに調節できるので、長時間着けていても耳が痛くなることもありません。

ゴムで止めている部分

ガーゼに似ていると話したので、長く使用した場合の劣化が気になると思います。
使用後のマスクは多少毛羽立った感じはでますが、気にならない程度です。

使用後のマスク

上の写真は以下の条件で2年使ったマスクです。
・洗うときは固形石鹸で手洗い
・12月~4月までは1日置きに着用(寝る時も着用)
・風邪を引いた時(およそ20日程度)
・大掃除や空気の悪い時(およそ10日程度)
2年も使用した様には見えないと思います。

蕁麻疹が出やすかったり、毛の製品は着用できないなど、色々トラブルのある私です。
そんな敏感肌の私がボディタオル、洋服やショール等、本当に色々使用して試しました。
どれも素敵な使い心地で、使用しても肌トラブルは起きませんでした。
敏感肌の方、花粉症の方など、良かったら試してみてください。

この記事を書いたユーザー

弟橘比売命~弟橘媛~ このユーザーの他の記事を見る

お薦め情報等、色々な事を発信して、少しでも誰かの役にたてるような記事をかけるように、頑張って書いていきます。
まだまだ初心者ですが、拙いながらも更新していくので、良かったら読んでください。
よろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス