栄養は豊富なのに知られていなかった
野菜は!?

☆おかひじき

●オカヒジキはカリウムを非常にたくさん含んでいます。
ナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。
●オカヒジキは骨を丈夫にする成分を沢山含んでいます。
オカヒジキにはカルシウムをはじめ、マグネシウム、リン、鉄分などのミネラルも豊富に含まれています。どれも骨を生成する上で欠かせない成分です。なので、オカヒジキは骨を丈夫にし、健康を維持するのにとても役立つ野菜と言えます。
●オカヒジキは緑黄色野菜です。カロテンも豊富
βカロテンは抗発ガン作用や動脈硬化の予防で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。

☆芽キャベツ

●ビタミンC、Kが豊富に含まれています。
メキャベツは一般的なキャベツに比べ、ほとんどの栄養成分において沢山含まれています。風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があると言われるビタミンCはキャベツが41mgなのに対し約4倍の160mgも、血液の凝固促進や骨の形成に貢献しているビタミンKも約2倍も含んでいます。
●芽キャベツにはβカロテンも
一般的なキャベツに50μg、多いグリーンボールでも110μgしか含まれていないβカロテンは、メキャベツでは710μgも含まれています。
●抗酸化作用があるルテイン
メキャベツにはカロテノイド(緑黄色の色素)の一種であるルテインを多く含んでいます。このルテインは、ちりめんキャベツ、ブロッコリーに次いで、ルテインの含有量が多い野菜とされ、強い抗酸化作用によってがん予防に役立っていると考えられています。
●ビタミンUはキャベジン
薬の名前にもありますが、キャベジンと呼ばれるビタミンUを含んでいます。これは胃や十二指腸などに対する抗潰瘍作用があり、潰瘍の予防や治療に非常に高い効果があるそうです。
トンカツにはキャベツの千切りが良く合いますね。この組み合わせで、しっかりとキャベツを食べる事でトンカツの脂っぽさで胸やけを起こす事も少なくなります。胃が弱っている時には積極的にキャベツを食べるようにすると胃が楽に感じますよ。
●ジアスターゼ
また、大根に含まれているジアスターゼもキャベツの方が多いそうです。ジアスターゼはでんぷん分解酵素で、消化を助け、、胃酸過多、胃もたれや、胸やけなどに効果があるそうです。

ブロッコリースプラウト

●疲労回復、かぜの予防、ガン予防、老化防止に効果
 ビタミンCが非常に豊富で、gあたりでみてもレモンより多く、食べる量からすると非常に有効です。疲労回復、かぜの予防、ガン予防、老化防止に効果があります。
●ブロッコリーには葉酸がたくさん含まれています。
 葉酸が不足すると舌炎や精神神経異常が起こるそうです。
●ビタミンK、Eも豊富です。
●ブロッコリースプラウト
 貝割れ大根のような、ブロッコリーの新芽(芽が出て一週間程度)のことで、 近年、ブロッコリーにガン予防の効果があることが知られましたが、さらに、その芽にはそれ以上に強い予防効果がある「スルフォラファン」と言う成分が含まれていると発表されたそうです。

この記事を書いたユーザー

かなこ このユーザーの他の記事を見る

初めまして。こんにちは!(^^)
私は二人の子供をもつ母です。(*^^*)

得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 音楽
  • スポーツ
  • 社会問題
  • 育児
  • 暮らし
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら