4万9500回。

これは、1カ月の間に「お金がない」という言葉がGoogleで検索された数です。(数字は2016年7月分。Googleキーワードプランナー調べ)

「彼氏ほしい」の4万500回もなかなかの切迫感がありますが、「結婚したい」(2万2200回)、「時間がない」(1900回)、と比べても、「お金がない」の検索回数がいかに多いかが分かりますね。

一体なぜ、人はここまで「お金がない」のでしょうか。DAILY ANDS編集部は、このほど実施した「女性FP10人に聞いた!女性とお金のアンケート」(2016年8月実施)から、その答えを読み解いてみました。

【「女性FP10人に聞いた!女性とお金のアンケート」これまでの記事はこちら】

※カッコ内は投票したFPの名前、得意分野、年代
※調査は2016年8月、独立系FP(企業のバックアップを受けずに、相談料で収入を得るFP)の女性10人にアンケート形式で実施しました

「お金がない」と悩む女性、原因は何ですか?

アンケートでは、「お金がない」と悩む女性の原因は次のうちどれですか? と尋ねました。

・借金をしている
・浪費癖がある
・美容やファッション、ヘルスケアにお金をかけすぎている学費がかかっている
・返済の負担がある生活費が何かとかさんでいる
・家賃が高い
・年収が低い
・お金のリテラシーが低い
・周囲との人間関係でお金がかかる
・親・恋人などを養っている
・親・恋人の借金を返済している

この中から、上位5つに選ばれた回答を紹介します。

5位 家賃が高い

まず、5位となったのは、「家賃が高い」でした。回答者からは、

「一人暮らしに憧れが大きく、収入の割には家賃を多く払っているため、貯金ができず、お金がなくなっています」(匿名、保険・年金・家計、50代)

とのコメントが。

一般的に、家賃は月収の2.5割~3割が良いとはよく聞きますが、実際はそうカンタンではありません。

マイナビウーマンが2015年に実施した一人暮らし女子に聞いた! 家賃は月収の何割?というアンケートによると、家賃を毎月の収入の3割未満に抑えている人は54.3%と約半数となっています。

確かに、都内で一人暮らしをしようと思うと、立地や職業によっては月の収入の3割未満はそれなりにハードな数字です。アンケートでは、「高いと思うけれど、月収自体が少ないので仕方ない」との声も紹介されていますが、納得ではあります。

ただどうしてもお金を貯めたいのであれば、月収に見合った場所にとどまることを検討してもいいかもしれません。

3位タイ 美容やファッションにお金をかけすぎ/お金のリテラシーが低い

3位タイとなったのは、「美容やファッションにお金をかけすぎ」「お金のリテラシーが低い」の2つでした。

「美容やファッションにお金をかけすぎ」を1位と考えたFPさんからは、

「美意識の高さとお給料が見合わない」(廣木智代、保険・家計・相続、40代)

という、耳のイタい指摘がありました。美容には、総じてお金のかかりますから、どれくらいかけるかは自身のお財布ともう少し相談してもよいかもしれません。

一方、「お金のリテラシーが低い」を1位にしたFPさんからは、下記のような意見がありました。

「どうしたら貯まるのかだけでなく、何のために貯めるのかもわからないという質問を受けます。今だけの暮らしだけを見て、将来かかるお金のことがイメージできていません」(辻本ゆか、投資・家計、40代)

一瞬、「何のために貯めるのかわからなければ、お金は貯まらないだろう」とも思いましたが、いざ自分が「何のために貯めているのか?」と聞かれると、「万が一のため」とか、「なんとなく不安だから」とか、曖昧にしか考えていない気がします。

今一度、自分自身のマネープランを考えてみてもよさそうです。

2位 学費がかかっている

2番目に多かったのが「学費がかかっている」という意見でした。

最近発表された全国の20代~60代の女性1700人に聞いた「女性の消費行動・ライフスタイル意識調査」(ネオマーケティング調べ)によると、「自己投資」や「ご褒美消費」に積極的な女性がここ数年で増えているそうです。

回答者からも、

「金額で言うと学費(高額セミナー)ですが、理由は人それぞれです」(阿部理恵、保険・不動産・お金メンタル、40代)

とのコメントがあり、こちらの支出は必ずしも「無駄」というわけではなさそうで、将来のための「投資」と言えるかもしれません。

1位 年収が低い

圧倒的な支持を得て1位となったのは、ズバリ「年収が低い」でした。

「支出に対して収入が低い」(早乙女美幸、投資・年金・家計、50代)

「年収と支出のバランス、両方の問題。社会保険料の高騰化により、額面ほど豊かな生活は出来ないのが実情の時代」(匿名、投資・保険・相続、30代)

との意見があり、収入と支出のバランスがうまく取れないことが原因のようでした。年収アップのための転職を考えてもよさそうではありますが、

「転職して収入を高めたいという気力がない」(今関倫子、保険・不動産・住宅ローン、40代)

との意見も見られ、「お金がない」問題は結構根深いケースも多いようです。

との意見があり、収入と支出のバランスがうまく取れないことが原因のようでした。年収アップのための転職を考えてもよさそうではありますが、

その他にはこんな意見も

その他には、このような意見もありました。

借金をしている
「年収が低いだけなら、それに合わせた生活をすればいいのですが、それに加えて借金の返済があるとかなり負担なので、悩むようになってしまうと思います」(タケイ啓子、保険・年金・家計、40代)

家賃が高い
「一人暮らしに憧れが大きく、収入の割には家賃を多く払っているため、貯金ができず、お金がないとなっている」(匿名、保険・年金・家計、50代)

FPさんの意見を一つ一つ読んでいくと、どこかから「身の程を知れ!」という厳しい声が聞こえてくるようです。「お金がない」という言葉を検索窓に入力する暇があれば、自分自身を一度、見つめ直した方がよいのかもしれません。

次回は「女性FP10人に聞いた!女性とお金のアンケート」から、「ここは『かけすぎ』と思う家計の項目」ランキングを紹介します。

【「女性FP10人に聞いた!女性とお金のアンケート」これまでの記事はこちら】

くすい ともこ
DAILY ANDS編集長。北陸の地方紙で5年間記者として勤務後、Web編集者に。「無理のない範囲でコツコツ」をモットーにインデックス投資を始めるも、含み損がコツコツたまっている。DAILY ANDS

この記事を書いたユーザー

DAILY ANDS このユーザーの他の記事を見る

投資ってなにから始めたらいいの?
保険はどうやって選んだらいいの?
そんなお金の不安を吹き飛ばすコラムが満載♪ 毎日チェックして、賢い大人の女性になろう。https://daily-ands.jp/

得意ジャンル
  • マネー
  • ライフハック
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら