『ひきこもり』『閉じこもり』と聞くとおもに不登校等の思春期の年代を連想しがちですが、皆さんの周りで働き盛りの夫が……

なんて話は聞こえてきた事があるのでは?

ワタシの知り合いや親戚でもチラホラと聞くようになり、決して珍しくはないようです。

知人の話では帰宅した夫と年頃の息子さんがこぞって各自の部屋へこもるそうで、奥さんはリビングに独り。
淋しい思いをしているそうですよ。

そんな他人事と思っていたワタシでしたが……


まだ幼稚園の娘にはわからない事と思って、何も話さず、二人で何事も無いかの如くすごしてたんですよね。

夫は元々かなり物静かなタイプなので、娘も変化に気づくのはかなり後の事です。
ですけど、感受性の豊かな頃。
可哀想なことをしたなと思います。
 
いくら幼稚園児でも感じているんですよね。

若年無業者、フリーターのひきこもりは60万人程とありますので、そこには働き盛りの帰宅後に閉じこもる人数は入ってはいないんですよね。


この頃はまだ娘には影響がなんとか無かったのですが、小学校に入るとそうは行かなくなりました……



この記事を書いたユーザー

midoさん このユーザーの他の記事を見る

結婚17年目のアラフィフです。
娘>ネコ>夫的ライフな一家です。

得意ジャンル
  • 動物
  • 育児
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス