分からなくはないです、ニュース題材としては大きいでしょうから。しかしどの報道内容も同じで・・・被害者の方のことを考えていないという論調に変化し、そのうち父親は誰なのかということまで調べ上げようになっていますね。
 きっとスキャンダルはあらゆるプライベートがターゲット。そこも見えるから仕事も成立する部分もあるお仕事ですけれど。。。
 なぜにこんなに断罪的な論調なのだろう・・・コメンテーターの方々も被害者のことを考えるべきだとか、会見中の言葉遣いに違和感覚えるとか、まるで裁判官のようなコメントですね。個人的にはそちらに違和感覚えます。。。
 会見しなければ、それで終わるんでしょうか。さらにマスコミさんは謝罪を求めて追いかけるでしょうし、論調もさらに厳しくなるでしょう。逃げているということが許せないということにもなるのでしょう。一体マスコミさんはどこに軸を置いて、これだけの時間を費やして報道したいんでしょう。。。
 もっと報道すべきことがあるはず。個人的にはパラリンピックの選手のこととかもっと伝えてほしいと思うんです。
 先日NHKのバリバラで日テレさんの大型番組とは違う、独自の視点で番組が作られていたんそうですね。時々時間が合えば見させてもらっている番組なんですが、さすがだなという感じ。
 救うって言葉は何となく上から目線的に感じてたんですよねぇ・・・同じ目線ではないなと。
 パラリンピックなんか見てると、ハンディキャップがあってもあれだけの激しいスポーツをやり遂げられているのと見てると、到底敵わないって思います。あの集中力や精神力ってたぶん、私には絶対もてないもの。まあもともと運動神経ないですが。。。(笑)
 生きるというよりは生かされているのだとしたら・・・皆何かの役割があって、生まれて来たと私は思います。そしてどんな状況でも一生懸命、お天道様に恥じない生き方をしていれば、きっと何かを得られる。その得られたものを多くの人と共有できれば最高。それが生きる目的なのかなと。大きなことができる人もいるし、小さいことしかできないこともある。それでもその懸命さにきっとお天道様は応えてくださるんじゃないのかなぁ。特別な宗教観のない私ですが、そこだけは信じています。
 高畑さんも大変な状況なのでしょうけれど、きっと誠実に懸命に生きていれば道は拓けて来るんじゃないでしょうか、年下の人間ゆえ生意気かもしれませんが。

この記事を書いたユーザー

再遊 このユーザーの他の記事を見る

日々気付いたことや感じたこと、学んだこと、着物についてや社会問題など、自分なりに考えたことなどを綴ってまいりたいと思います。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 社会問題
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • ファッション
  • キャリア
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス