図書館や学校で本を購入する時に、新品を購入しなければならないことをご存知ですか?

基本的人権の一つに知る自由があり、そのために図書館の本が読めるのは、皆さんが知るところでしょう。

さて、学校ボランティアで活動していて、疑問に思ったことがあります。

「限られた予算ならば、中古本(状態の良い新品のもの)を購入し、もっと沢山の本を揃えた方が良いのではないか?」
ということです。

しかし、先日興味深い記事を見つけました。

つまりは、
・中古本を買うと不正があっても、見抜けない
・本の購入は、印税につながり、著者を守る
・本の購入により地元の経済の発展に貢献する
が主な理由でしょうか。

やはり、限られた予算とはいえ、本は新品を購入するのが、良いということですね。

本当にその作家が好きで、よい作品を書いてもらいたいと思うならば、1円でも多く印税を支払うためにも、自分も新しい本を購入すべきなのかもしれませんね。

Yuko

この記事を書いたユーザー

Yuko このユーザーの他の記事を見る

小学生のお姉ちゃんと保育園児の息子の二人の子どもを持つ母です。
 お姉ちゃん、弟、私と本が大好きで、私は仕事帰りに図書館へ通い、沢山の本を借りています。家族で好きな本は、面白い絵本です。お姉ちゃんは、魔女系の本(ファンタジー)が好きです。
 私の趣味は、読書に料理、絵や文章を書くことも大好きです。独身時代はオーストラリアやニュージーランドにワーキングホリデーで長期滞在をして、ラウンドなどしたりしました。

どうぞよろしくお願いします☆

得意ジャンル
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら