8月26日の公開からわずか2日で59万人以上を動員し、最終的な興行収入は60億円前後と予測されているほどの今期最大の話題作になること間違いなしの新海誠監督の最新作である「君の名は。」

「君の名は。」のあらすじ

千年ぶりの彗星の来訪を一か月後に控えた日本。
山深い田舎町に暮らす女子高生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。
町長である父の選挙運動に、家系の神社の古い風習。
小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。

そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。
見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。
念願だった都会での生活を満喫する三葉。

一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。
行った事もない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。

繰り返される不思議な夢。そして、明らかに抜け落ちている、記憶と時間。
二人は気付く。
「私/俺たち、入れ替わっている!?」

出典 http://www.kiminona.com

出会うことのない二人が出会って運命が動き出す。

「まだ会ったことのない君を、これから俺は探しに行く。」


というキャッチフレーズ。がとても印象的です。

話題の理由

ポスト宮崎駿との呼び声も高い新海誠監督の3年ぶりの新作ということもあり、かなり、前評判も高かった今作。
さらに、メインキャストに実力派若手俳優の神木隆之介くんと、オーディションによって決まった上白石萌音さんを起用。

そして、なにより大きな反響を呼んだのが、全楽曲担当がRADWIMPSというロックバンドが行ったということ!!

今までの新海誠監督の作品はどちらかというと「物静か」で少し大人向けな内容だったのでとてもロックバンドが似合うような作品ではなかっただけに、新海作品ファンの間では期待と不安が入り混じる複雑な思いがあったようですが、今まであまりアニメに関心のなかった方にとってはとてもいいきっかけとなりました。

この、今までにない組み合わせが予想以上の相乗効果となり、新海作品は新境地の開拓に見事成功し、今回の驚異的な大ヒットに繋がったといっても過言ではありません。

Twitterでも多くの方が感動したという音楽

とにかく、この音楽あっての「君の名は。」であるというかんじの内容が非常に多いですね。

ところでRADWIMPSってどんなバンドなの?

ここまで盛り上がっているけれど、あまり音楽に詳しくない方にとってはRADWIMPSってどんなロックバンドなのかはぜひ知りたいところ。

野田洋次郎(Vo./Gt./Pf.), 桑原 彰(Gt.), 武田祐介(Ba.) 2001年結成、2005年メジャーデビュー。ロック・ジャズ・ヒップホップから民族音楽まで縦横無尽に織りこまれ、「ジャンル」という既存の枠組にとらわれない音楽性。恋愛から死生観まで、哲学的、時にロマンティックに描き出した歌詞。大きなメディア露出がなかったにもかかわらず、ライブと口コミで着実に広がり、思春期を過ごす世代を中心に大きな支持を受けている。

出典 http://www.kiminona.com

ボーカル、ギター:野田洋次郎。
・RADWIMPSの全ての楽曲の作詞・作曲を担当
・ギターに触り始めたのは小学5年生で、木村拓哉の演奏する「夜空ノムコウ」を観たのがきっかけ

RADWIMPSのリーダー:桑原彰
・16歳の時に「俺はラッドで食っていく」と決意
・2001年、野田洋次郎をボーカルに誘い、RADWIMPS結成

ベース・コーラス:武田祐介
・途中からRADWIMPSに加入

ドラムス・コーラス:山口智史
・途中から武田とほぼ同時期に加入

今回の楽曲担当するにあたり、新海監督から「とにかくこの物語が貫こうとしているど真ん中を全力で歌って欲しい」という話を受け、いつもはつい逃げがちなラブソングをストレートに表現するのは恥ずかしさが出ててしまうので、「恋」をこんなに真っ正面に表現したのは珍しいことと話していたそうです。

代表的な人気曲をご紹介

一番人気は『有心論』

出典 YouTube

歌詞に共感する方が非常に多い一曲です。
今までRADWIMPSをあまり知らなった人が、この曲で好きになったという声もあがるほど。

次いで『君と羊と青』

出典 YouTube

BUMP OF CHICKENに似てる!?って思って知った人も多い曲です。
ライブで聞くと鳥肌ものの神曲!!

ラストは『ふたりごと』

出典 YouTube

この曲からRADWIMPSが好きな方には懐かしい一曲。
海外からの評価も高いのが特徴です。

リアルなRADWIMPSのファンの方々の意見は次の通り。

こんな声もありました。
以前からのファンにとっては今回の爆発的な人気は嬉しいような切ないような心境になるのかもしれないですね。

とにかく哲学的な歌詞が人気のようですね。
そして、一度聞くと忘れられなくなり、何度でも聞きたくなる曲。

今回の「前前前世」も、まさにその効果が発揮されています。
さらに、新海誠監督の作品の最大の特徴でもある「画像の美しさ」と相まって何度でも劇場に足を運びたくなる方が続出しています。


同名の最新アルバムも発売中

映画の公開の2日前の8月24日にRADWIMPSの最新アルバムであり、映画のサントラでもある「君の名は。」が発売されています。

出典 http://www.kiminona.com

CD+DVD+BOOK, LPサイズ(32cmx32cm)仕様(初回盤)

出典 http://www.kiminona.com

CDのみの通常版

もちろん、

主題歌
「前前前世 (movie ver.)」作詞/作曲 野田洋次郎
「スパークル (movie ver.)」作詞/作曲 野田洋次郎
「夢灯籠」作詞/作曲 野田洋次郎
「なんでもないや (movie ver.)」作詞/作曲 野田洋次郎

全てが収録されています。



最大限に楽しむなら

出典 YouTube

映像と楽曲が見事にマッチした予告編。

実際に鑑賞した人たちはこぞって「また見に行きたい!!」という話題の「君の名は。」ぜひ劇場で鑑賞するのをおすすめします!!

この記事を書いたユーザー

まきねこ このユーザーの他の記事を見る

ねこ2匹と暮らしながら、ちょっとマニアックな時事ネタや動物のあるあるネタ・日常のあるあるネタなどの情報を発信しています。

得意ジャンル
  • 動物
  • カルチャー
  • エンタメ
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス