生まれも育ちも長崎県だからこそ知っている長崎銘菓カステラにも劣らない、美味し~い甘~いスイーツを紹介します。


ミルクセーキ

まず、読み方からですが「シェーキ」ではなく「セーキ」です。ミルクセーキは一般的には飲み物の分類になるのでしょうが、長崎では食べ物です。お店で注文するとスプーンがついてきます。そして欠かせないのがチェリーなのです。まだまた暑い日が続く長崎です。観光途中に休憩がてら召し上がるのもいかがでしょうか。

どこのお店も美味しいのですが、やはり長崎のミルクセーキ発祥の「ツル茶ん」でしょうか。

出典 https://cafy.jp

思案橋駅から歩いて2分ほど、お車なら長崎ICから15分ほど走ると、九州でいちばん歴史が古いともいわれる1925年創業の「ツル茶ん」があり、長崎ミルクセーキ発祥のお店としても知られています。レトロモダンなお店は2階もあり、広々としていて100席ほどもあるので、ゆったりとくつろげそうですね。

湯せんぺい

長崎市街より車で2時間ほどて到着する雲仙温泉。独特の硫黄の匂いがする地獄があったり、白雲の池は散歩にぴったりで、秋の時期は紅葉を楽しみながら散歩もいいですね。そんな雲仙温泉で定番のお土産は湯せんぺいなのです。


出典 http://www.fukudaya.co.jp

温泉水と小麦粉、玉子、砂糖を練り合わせて型に入れ、店先で一枚一枚丁寧に焼き上げた、湯の町雲仙ならではの伝統菓子。お店に近づくと甘い香りがほのかに香る。 一丁 3kgもある 金型に生地を流し込み、一枚一枚丁寧に焼き上げる、昔ながらの“純一枚手焼き”

最近では湯せんぺいがチョコバーや葉巻みたいなお菓子になったり、小浜温泉の方ではハートの形の湯せんぺいがあったり、いろんな工夫がされています。
でも1番美味しいとこは、焼くときにできる湯せんぺいの端ですかね。

この記事を書いたユーザー

白湯 このユーザーの他の記事を見る

一児の母ちゃんで現在育休中の介護士です♡

ブログ【実録♡育児24時!!~新米ママ~】
http://s.ameblo.jp/ako-1mw8/

権利侵害申告はこちら