アロマリラクゼーションの仕事をしていて思うことは、皆さん水を飲んでいないということです。
「むくみがひどい」「リンパが痛い」「血圧が・・・」
そんなお話をよく聞きますが、「お水を飲んでいますか?」と伺うと「お茶を飲んでいる」「コーヒーは飲んでいる」など、水分=水と考えているようでこのように答えられます。
お茶やコーヒーなどは、利尿作用があるためトイレに行く回数も増えて、体の中の老廃物が出ているような気がします。
しかし、実はシンプルに水を飲んだ方がさらに効果が得られるのです。

人間の体内にはたくさんの水分があります。
赤ちゃんには80%くらい、成人になると60%くらい、老人になると55%くらい。
血液の中にも水分が含まれています。ですから水分はとても重要なのです。
一日のうちに皮膚や呼吸から出る水分量は約900mlで、尿や便から出る水分量は約1600mlです。そのため一日に必要な水分は実は2.5ℓなんです。
食事からの水分ももちろん取れますが、そのほかは飲むしかない。だから水分てとても大事なんですね。

アルコールを飲むと次の日むくみませんか?
それは体の中の水分が足りなくなるからです。
アルコールは口に入れた時には液体として入りますが、体内を回っている間に蒸発してしまいます。そうすると体内でキープしている水分量が変わり、もともとある塩分濃度が高くなってしまうのです。それがむくみの原因です。

水にはたくさんの効果があります。
利尿作用はもちろん、むくみ解消、血液がサラサラになる、代謝が良くなる、老廃物が出る、リンパの流れが良くなる・・・
血液がサラサラになると、血流が良くなります。血流が良いと筋肉も動きやすく、老廃物が流れるリンパ管も筋肉の収縮により流れやすくなるのです。
リンパ管はポンプの機能がないので、結局は血液の状態によって流れが変わっていくということになります。
血流が良くなると血圧も安定してきますね。ダイエットにも美容にも効果的なので言うことなしです。
お酒を飲むときにも水を飲んで、健康で楽しい毎日にしましょう!

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら