「メルカリ」

最近では、誰もが耳にしたことがあると思います。
誰でもかんたんに売り買いができて、取引ができるフリマアプリです。
リサイクルショップに売るよりも断然高く売れてしまうということで人気となっています。
また間にメルカリが入っているので何か不都合なことが起こってもメルカリ事務局に連絡をしたら対応してくれるので安心です。

でも売れなければ意味がない!
どうやったら売れるのか!調べてみました。

フリマアプリをされてる方、なかなか売れなくて悩んでいる方、必見です!

画像はきれいに!数枚、詳しくアップする

洋服を出品したいとします。


服をハンガーにかけ撮ります。背景も重要です。
なるべくごちゃごちゃしないよう明るく撮るようにします。

出典筆者撮影

出典筆者撮影

前からの写真だけでなくタグや着画をのせるのも売れるポイントです。

商品説明も具体的に!

出典筆者撮影

中古の場合、どれくらいの着用品なのか汚れはないか詳しく書いていると買いての方も安心できます。気づいた点は後々のトラブル回避のためにちゃんと書いておくことが大切です。

値段設定は高すぎないようにする!

出典筆者撮影

メルカリは売れた場合販売手数料として、10%とられます。
例えば1万円で売れたとすると、1000円はメルカリ側にいくということで実際は9000円で売れたということです。

また、値段交渉をしてくる方もいます。
こちら側が、値段交渉に応じないということであれば商品説明にその旨ちゃんと書いておくことをおすすめします。

そこで値段設定ですが、値段交渉をしてくることを踏まえここまで下げてもいいという値段より高めに設定するのがいいです。
買い手としては少しでも値下げしてもらえるとうれしいものです。

高く売れれば売れるほど売り手はうれしいですが、あまり相場より高すぎると買い手もよりつかなくなりますので注意です。

いいね!がつかなければ削除して何度も出品する!

出典筆者撮影

これが大事なのですが、メルカリでは出品されたものに対していいね!ボタンをつけることができます。いいね!をつけると買い手はいいね!一覧でいつでも見れることができるようになります。買うか買わないか考える時間をとるわけです。

ここでたくさんの方にいいね!を押してもらえればいいのですが、出品から時間がたつと掲載順位がどんどん下に行ってしまうので買い手の目に留まりにくくなっていきます。

そこでいいね!がつかなかった、もしくは1,2いいね!ぐらいだと思いきって商品自体を削除してもう一度出品しなおします!

そうすればまた違う買い手に見てもらうことができます。

削除→出品の繰り返しです。

出品する時間も大事!

出典筆者撮影

出品する時間帯も大事です。


昼間はやはり学校や仕事の時間なので見てもらえる方が少ないかと思います。
朝の通勤時間、または夜の寝る前の21時からが狙い目です。

最後に・・・

たくさんに見てもらえる買ってもらえるということはいろんな人がいるということです。
トラブルを避けるためにも、コメントの返答や売れた時の取引時の返答はなるべく早めにすることが大切です。

残念ながらこちらに不備がなくても買い手がなかなか返答をくれない時もあります。
そういうときは、迷わずメルカリ側にお問い合わせフォームから相談しましょう。

いろいろ説明してきましたが、これらのことを踏まえてフリマをされている方、もう一度出品してみてください!
少しでもお役に立てることを祈っています。

この記事を書いたユーザー

nanami* このユーザーの他の記事を見る

ぱんお菓子作り大好き♫可愛い雑貨も大好きです!

得意ジャンル
  • 料理
  • 暮らし
  • ゲーム
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス