野生動物を間近で見る機会があると、きっと誰でも興奮することでしょう。このほど、とってもキュートな子熊の写真を撮影したのは、ルイス・ケンパーさんという62歳の男性。アラスカのレイク・クラーク国立公園で見た熊の家族連れの姿は、メディアに取り上げられるとたちまち拡散しました。

母熊を見守る子熊、2頭

Pinned from metro.co.uk

後ろ足だけで立っている2頭の子熊がまるで手を繋いでいるかのような写真が英紙『Metro』に掲載されました。実際には手を繋いではおらず、一頭の熊がもう一頭の体に前足を添えているといった写真なのですが、まるで人間のきょうだいのように愛くるしいショットですよね。

8月いっぱいをこの地域で写真撮影していたケンパーさんは、このショットを6メートルほど離れた場所で撮ったそうです。母熊がハンティングに行ったのを見守るように立っている二頭の子熊。きっとお腹が空いているのでしょう。ごはんが運ばれてくるのを待ちきれずに立ち上がってしまったのでしょうか。

Pinned from metro.co.uk

20秒ほど、立ったままで母熊を見守っていた子熊。ケンパーさんの観察では、どうやら今回は空振りだった様子。何も捕まえることができずに母熊は子熊たちのもとへ戻って来たそう。

米カリフォルニアを拠点に活動している写真家のケンパーさんは、「熊は魚が大好きだけど、頻繁には食べてないようだ。だいたい草とか植物を食べているね」と普段から野生の熊を観察しているだけあって、その生態にも詳しい様子。

Pinned from metro.co.uk

これまでインドででも働いたことがあるという30年のベテラン写真家としての経歴を持つケンパーさんのお気に入りの場所は、やっぱりアラスカ。たくさんの野生動物の中でも、特に頻繁に熊を見かけることの多いこの国立公園には30回以上足を運んでいると言います。

この国立公園では、約3、4キロほどの距離に少なくとも20頭の熊の姿を見ることができるのだそう。「普段、熊はとっても大人しいよ。写真を撮るには最高の被写体さ」というケンパーさん。

Pinned from metro.co.uk

きっと、今回の可愛い子熊のショットはこれまでの撮影の中でもベストショットといえるのではないでしょうか。ベテラン写真家の撮った写真からは、厳しい自然の中に生きながらも、熊の親子の温かさが伝わってくるような気がします。

こうした野生動物の美しい自然の姿が見られるのは、やはり写真家たちの努力があればこそ。ケンパーさんには、これからも素敵な写真を撮り続けていってほしいですね。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス