私は在米16年目なのですが、アメリカに来た当初はカルチャーショックがたくさんありました。日本ではあり得ないことがアメリカでは当たり前だったりするんですね。

同じく日本から来た人と話をすると、だいたい同じような文化の違いにショックを受けてるようです。そこで日本人あるある? アメリカ生活でカルチャーショックを受けた出来事トップ5をまとめてみました。


テーブルに土足で足を乗せる

Licensed by gettyimages ®

アメリカでは基本的にリビングにソファとコーヒーテーブルを置きます。ソファに座ると、足を乗せるのにちょうどいい高さのテーブルが目の前にあるので、足を乗せる人も多いようです。そこで忘れてはいけないことが。アメリカは家の中でも基本土足!つまり、靴を履いた土足のままテーブルの上に足を乗せるのです。

最初見たときは、これをカルチャーショックって言うんだろうなあという衝撃でした。日本では家の中は土足禁止、テーブルの上は食べ物を置くところなので足を乗せるのはマナーが悪いとみなされますよね。でもアメリカではテーブルに靴を履いたまま乗せるというのはよく見る光景なんです。

ベッドに土足で乗る

Licensed by gettyimages ®

アメリカに留学してすぐのこと、筆者の住む部屋にアメリカ人の友達が遊びに来たときに、体験したことです。アメリカの学生はシェアルームやシェアハウスをしていることが多く、部屋が狭いので座るところはだいたいベッドの上。私の友達も私のベッドに座りました。そこまではよかったんですけど、次の瞬間、リラックスしようとした友達が靴を履いたまま掛け布団の上に足を乗せた!  。。。ショックでしたね。

ベッドは寝るところなので、清潔にしておきたい。という日本人の考えとは全然違うんですね。掛け布団の上で幸いだったというところでしょうか。

フードファイト!

Licensed by gettyimages ®

フードファイトという言葉をご存知ですか?その名前の通り、食べ物でケンカするというもの。アメリカに留学して、そういうケンカの存在を知ったのですが、最初はドラマや映画の中だけの話だと思ってました。

でも実は、高校などでよくあることらしいです。私も一度だけフードファイトを友達のうちでやったことがあります。この写真のようにひどくなかったのですが、顔と服に食べ物がべったりつきました。アメリカで生まれ育つと一度は経験することのようです。

マリファナに対して寛容

Licensed by gettyimages ®

アメリカではマリファナを気軽に吸ってる人が多いのでカルチャーショックを受けました。州や市によっては合法なので、吸っていても問題ないのです。

アメリカでは大抵の人が、「マリファナよりもタバコやお酒の方が依存性も高く体への害も大きい」という認識を持っています。医療用としてマリファナを処方されることもあり、マリファナを処方するお店もたくさん見かけますよ。

国が違うと、こんなに違うんだと実感します。

銃が家の中で無造作に転がってる

Licensed by gettyimages ®

私はアメリカの田舎に住んでいたことがあります。田舎にはハンティングが趣味の人が多く、銃を持っている人がほとんどです。ハンティングが趣味というわけではなくても銃を5本くらい持ってるという人がたくさんいました。銃が趣味の人とかは10本以上持ってることもあります。

そして保管の仕方もゆるい。家の中に無造作に転がってるということもあったんです。この光景を初めて見たときは、カルチャーショックを受けました。弾が入ってなかったことを祈ります。

最後に

アメリカに住んでみて、想像通りだったこと、そうでなかったこと、カルチャーショックだったことたくさんありましたが、特に大きなカルチャーショックは以上の5つです。

今はもう気にならないことでも、当時は毎回びっくりしてました。国が違うとこんなに違うんですね。他の国にお住まいのみなさんは、どういうことにカルチャーショックを受けましたか?

この記事を書いたユーザー

ハワイライフ始めました♪ このユーザーの他の記事を見る

在米16年目。カリフォルニア→カナダの生活を経て、念願のハワイに最近引っ越しました。アメリカ人の夫とのんびりしたアロハ生活を送ってます。アメリカ生活、ハワイ生活、英語、留学に関することや、体調不良を自力で治したヘルシー生活について書いてます。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら