東京・渋谷区神南にあるNHKが、老朽化のため放送センターを建て替える計画を発表しました。完成までの期間を16年間とし、1700億円の建設費用は受信料の値上げをせずに今までの積み立てで賄えるとしています。

 

渋谷にあるNHK放送センター

出典 http://www.azusasekkei.co.jp

放送センター内には一般テレビ番組用だけで25のスタジオを有しています。テレビ局が保有する数としては日本最大です。

かつての日本占領アメリカ軍居住区域だった

出典 http://www.amazon.co.jp

所在地は、かつての日本占領アメリカ軍居住区域・ワシントンハイツの一部である。

当時の阿部真之介NHK会長が池田勇人首相に「NHKはオリンピックのホスト局なので、主会場の国立競技場の近くに放送施設を作りたい」と「ワシントンハイツ跡地が最適なので、将来的にNHK本部もそこに移すつもりなので何とか払い下げてもらえませんか」と頼み、池田が「オリンピック放送は是非とも成功させていただきたい」と払い下げを決めた。

出典 https://ja.wikipedia.org

NHKがオリンピックのホスト局なので国立競技場の近くに建てました。

2020年の東京五輪後に着工し、現在の敷地に地上18階建ての「制作事務棟」(高さ約90メートル)など三つのビルを順次、建設する。36年までにすべての工期を終える予定という。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

16年間の工事期間というのには驚きます。

受信料から建設積立資産を積み立てていた

出典 http://www.amazon.co.jp

建設費は、11年から積み立てを始め、15年度末現在で約1627億円の残高がある「建設積立資産」などをあてる。NHKホールについては建て替えず、補修しながら現在の建物を使用するという。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

建設積立資産として2011年度から積立を始めていて、その額は2015年末で1627億円にのぼっているのです。

今回発表した1700億円は概算であるうえ、建物だけの費用で放送設備の費用などは含まない。減価償却期間が過ぎた放送設備を建て替えまで使用するなど「従来の設備投資の範囲で対応するように努める」としているが、工事が複雑で工期も長く、設備の入れ替えが計画通り進むかなど不透明な要因も多い。
 
 NHKの収益は受信料から成り立っており、全体の建設費が膨らめば批判を受ける可能性もある。現在のセンターは最も古いもので1965年に建設された建物もある。

出典 http://www.nikkei.com

工事が複雑であり工期が長いということに不透明な部分も多いと非難の声も上がっています。

ネットでは怒りの声が!

Licensed by gettyimages ®

より大きなハコを作る必要性はあるのか?

受信料自体が問題になっている今、より大きなハコを造るというのはどうなのでしょう。

16年かけるて、正気ですか。

あまりに長い工期に驚きます。

数々の犯罪や不祥事犯し...

NHKの不祥事は次々に露呈しました。

コンテンツや視聴者のために使うのが先

受信料は視聴者のために使ってほしいです。

NHKをなくして、国営放送局を作ったほうがいい

NHKというものの存在を改めて考えさせられます。

何だかんだで予算追加するんでしょうね

長い工期の間に、予算追加することが想像できます。

日本を代表する放送機関として必要経費じゃないかな

会場の床がボロボロなんだそう。

先日、さいたま地裁にて「ワンセグ携帯(スマホ)を所有していてもNHKの受信料を支払う義務はない」という判決が下りました。NHKの受信料については、以前から論議の的です。その受信料で16年という長きに渡り新しい建物を建て替えるというニュースに驚きや、怒り、なかには、必要である、という意見までさまざまです。

現在の建物で最も古くは1965年に建ったものというから老朽化もあると思います。しかし、国営放送という立場で国民から受信料を払われていることを熟知して、透明性のあるお金の遣い方を示してほしいと思います。

この記事を書いたユーザー

うー このユーザーの他の記事を見る

東京が好きで、昭和が好きで、古い日本のドラマも好きで、カフェが好き。
忘れられかけている遠い記憶のことを掘り起こしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス