記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
風邪をひいたらお風呂に入ってはいけない」と、なんとなくそのように教わった気がしませんか。
しかし、本当に風邪をひいたらお風呂に入ってはいけないのでしょうか?

事の真相を確かめるべく、医師に「風邪をひいたときの入浴」について医学的解説をしていただきました。

なぜ風邪でお風呂はダメと言われていた?

以前日本で、「風邪のときにお風呂に入ってはいけない」という風習があったのは、過去の日本の生活環境によるものが大きかったように思われます。
自宅にお風呂場がある家庭は少なく、さらに家の建物そのものも隙間が多く、外からの風が入ってきやすいものでした。

自宅にお風呂がある場合でも、外にあることが多かったので、入浴後寒い中を歩いて帰宅しなくてはならないことには変わりはありません。

また、多くの方が利用していた銭湯ではお湯の温度が高く、疲れてしまいがちで、その上に湯冷めもしやすいとなるとあまり風邪には好ましい状況ではないことがわかりますね。

風邪のときの正しい入浴方法

【入って良い風邪の症状】
まず、本人が入りたいと思える程度の症状であることが第一です。
38度を超える高熱、嘔吐や下痢身体のだるさなどがなく寒気なども収まっているということが条件になるでしょう。

【脱衣所周り】
脱衣所は特に年数のたった家では非常に寒いことがありますので、湯冷めしないように場合によってはポータブルヒーターなど利用してしっかり温めましょう。

【最適温度】
普段の好みの温度にもよりますが、38~40℃前後が良いでしょう。

【入浴時間】
しっかり体を温めることは大切ですが、長湯は体力を消耗しますのであまり長時間にならないようにしましょう。

【水分補給】
水分補給は非常に大切ですので十分に行います。
特に熱があった時は電解質などを含むスポーツドリンクなどを飲むのもよいでしょう。

風邪のときのシャワーで注意すべき3カ条

■シャワーは湯冷めしやすいので、しっかり浴室や脱衣場などを温めておくこと

■長時間浴びても芯まで温まりにくいので、体力を消耗しないようさっと済ませること。

■上がったらすぐ水分をぬぐい、暖かい環境にいるようにすること。

お風呂に入ってはいけない風邪の症状とは

【38度を超える高熱】
高熱の際には体力を消耗しており、意識が朦朧としたままお風呂に入ると、倒れてしまったり、ふらついた拍子に思わぬ怪我をする危険性があります。

【嘔吐や深刻な下痢】
お風呂場で万が一嘔吐や下痢の症状が出てしまうと、それが感染源になる危険性があるので、お風呂は控えましょう。

【悪寒】
悪寒が出ている際にお風呂に入ると体温上がり下がりが激しくなり、寒さや発汗などで体力を消耗してしまいます。

【強い頭痛】
お風呂に入ることで、血管を拡張させてしまうので、頭痛の症状が悪化する可能性があります。

風邪をひいた人が入った後の入浴で風邪はうつる?

風邪のウイルスの多くは空気感染や飛沫感染が多く、特に冬場のウイルスは暑さや湿度に弱いものが多いのでそれほど心配はいらないかと思います。

ただ、タオルなどは鼻水などが付着する場合もありますし、きちんと分けておいたほうがいいですね。

≪日頃から手洗い、うがいをしっかりしていますか?≫
いつも気をつけておきたい【風邪予防の習慣】あなたはいくつ出来ていますか?

昔と今は住宅環境が違う

風邪の時のお風呂は、最近日本においていわゆる「常識」が変わってきた事柄の一つではないかなと思います。
住宅環境が変わり、気密性の高い住宅に住んでいる人がほとんどで、自宅にもお風呂場がある方が多いでしょう。

確かにお風呂できちんと温まって、そのままベッドに直行して休めば、疲れも取れお風呂の湯気で鼻やのどなど楽になって、風邪も早く治りそうなようにも感じます。

ただ、風邪の症状が重い時はやはり無理は禁物ですよ。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら