結婚と幸せは不可分だという前提を疑う

婚活という言葉が日本語になり、婚活ビジネスが隆盛を極め、ネットでは婚活に成功した人たちのエピソードがあふれかえっている。。。ような気がする(笑)。リアルでも「婚活中なんです。」という人との遭遇率は大変なものなのに、なぜ婚姻率も出産率も一向に上がったという話を聞かないのか。日本の少子化を憂う私としては絶望的にじれったい。

日本はまた、何かを間違おうとしているんじゃないだろうか⁈

私は突然気が付いた。誰もが、「結婚して幸せになりたい」というあたりまえの希望を抱いていて、「今より幸せが減ってしまう可能性があるなら結婚しない」という選択肢を後生大事に抱えている。おいおい、生きてるだけでも大変なので自分は結婚生活のストレスに耐えられないタイプです、というなら私にもわかる。でも、誰かと結婚したいなら、生存戦略の一環として相互扶助契約を結ぶつもりくらいの戦略性があってしかるべきだ。そういう基準でものを考えればおのずと相手も見えてくるだろう。

結婚と幸せが不可分のものという思想が普遍化したのはいつの頃だろう?どう考えてもそんなに昔のことじゃないだろう。私は文化人類学者じゃないから深く追求したことはないけど、結婚がめでたいのは家にとっての子孫繁栄、種族としての生殖というのが本来の制度的意味であって、若い二人の永遠の幸せをみたいなことは、付加価値的可能性にすぎなかったんじゃないのか?結婚を個人の幸福追求の為の選択肢の一つであるという認識が社会的に共有されることになったのは素晴らしいけど、それなら結婚したくない人が増え、できない人が増えるのは当たり前だろう。私自身は個人の自由がだーい好きであるが、結婚という制度はもともと家族や一族、地域や社会の幸福を最大化するための仕組みであって、最初から「あなた」とか「わたし」が幸せになるためのものじゃない。そんなの当り前じゃないか。

多くの人が結婚によって幸せになるのは「家族を再生産し自ら営む」ことに価値や喜びを見いだす場合であって、「相手が誰か」ということが幸せの根拠になるような人は結婚している人の一部であって全員ではないと思う。

自由恋愛至上主義のもと結婚率と出生率を上げる政策

とはいえ、個人が自由意思に基づいて幸福の最大化を図った結果としての、結婚や出産を増やす社会制度というものもあるだろう。少子化を終わらせるためにできることはいくらでもある。人々の意識というか一般常識、結婚観、それをリードする政策を変えればいい。結婚したいけどできない理由や、子どもが欲しいけど持てない理由を解消するだけでも、結婚率や出産率はあがるだろう

子育ての経済的負担を思い切り下げる。保育に介護並みの予算を組んで質の高い保育を大量に供給する。女性が一人で子育てできる経済的条件・社会環境を整備する。若年出産した母親の教育機会を担保する、同性婚と彼らの親権を保証する法的・社会的制度を確立する。精子バンクや代理出産を容易に利用できるインフラを整備する。まだまだいっぱいあるだろうが、ちょっと考えただけでこれくらいはある。

他方、ちょっと並べただけでも今のところ日本ではかなり難しいという感じがしてくる。もちろん、本気で「日本人」を減らしたくないなら全部やればいいと思う。でも、私の知っている日本はこんな政策をとらないし、私の知っている多くの日本人はこういう社会を好まない。せいぜい保育制度をいじって保育の単価を下げ、質に固執しない保育者や保育施設を増やそうというくらいだ。

もし、アスペの私に本気で少子化対策を提案させたら、最も即効性のある劇薬はこれしかない。人生で最も恋愛に積極的な時期にいる、高校生や大学生に結婚や出産を可能にする政策をとることだ。親は誰でもいい子どもは国の宝だ。結婚は何度でも簡単にやり直せる。日本人に生まれたすべての子どもは親の責任能力に関係なく、国と社会の責任で優良な生育環境を担保される。

だんだん、信用や好感度が落ちてくる音がするので、私などが政策を語るのはよそう。

考え方を変えれば結婚できるかもしれない

難しいこというのはやめて、もっと難しい話をしよう。

私はバブル期とその余韻が残る20世紀末に、長すぎる青春を謳歌してしまったアラフィフだ。世間は肉食獣のうろつくハンティングワールドであり、結婚願望全開のお嬢様風女子達でさえ、「条件のよい草食男子など丸ごと喰ってしまえ!」というくらいの勢いがあったし、「条件のよい男子」もいくらでもいた。もちろん、内臓だけ喰って次の獲物みたいな「どこのサバンナのライオンやねん」みたいな話もいくらでもあったけど、とにかく、結婚相手から遊び相手まで、「相手」を見つけるために使うエネルギーと時間が今とは全然違った気がする。

かつて私が自分の子どもの父親になる相手を探していた時期、極限の過労を押して血眼の男漁りを展開していた頃には、日本語に「婚活」などという上品な言葉はなかった。要するに求婚活動中ということであるなら、なりふり構わぬ男漁り、女漁りを見かけてもいいはずだ。どこかに人生にたった一人の運命の相手がいて、その人と出会えるまで待ち続ける、あるいは探し続けるというならば、出会えない可能性だって覚悟するべきだ。そういう人が求めているのは「結婚」ではなくて、「真実の愛」なんじゃないのか?自分が結婚派か真実の愛派か自覚もなく、漠然と「結婚したい」と思いながら日々をすごしていても、買わない宝くじは当たらないと言いたい。少しでも少しでも確率を上げるためには、たくさん買うしかないではないか。まあ、努力した人が結果を出して、たくさん買った人が当たるわけではないけど。

ちなみに私はある時期まで「一生結婚しない」と決めていた。理由はたくさんあったけど、とにかく絶対、結婚も出産もしないと決めていた。それが、29歳の時、突然「転向」して人生設計を変えた。家族を再生産する→35歳までに子どもを産む→妊娠・出産に協力してくれる相手と法的に有効な結婚をする。当時周りにいた友人たちは私が狂ったと言った。狂ってない。おじいちゃんが死んだだけだ。遠い異国で自由と個人主義の恩恵を最大限享受していた私は、たまに地元に帰ればいつものメンバーの変わり映えのしない生活が、永遠に続いている気がしていた。それが、突然気づいたのである。家族はメンテナンスしないと衰退していつかは消える。私にとって家族は消えてもいいものではない。それなら再生産しなければ!そこに時間とエネルギーを投下することに決めた。それが「結婚したい」ということだ。

結婚は幸せの条件ではない。というか、結婚と幸せはあまり関係ない。幸せな独身生活を送るのはあなたの自由だ。少なくとも今の日本においては、家族や社会から受けるプレッシャーも跳ね返せる程度のものであり、強制的に結婚させられるなどということはないはずだ。それでもあなたが「私は結婚派で結婚したい」と本当に思うなら、すればいい。簡単じゃないけどさ。

それでも本当に結婚したいのか?

はっきり言って、結婚してよくなることなんか何にもない。
自分の時間も自由も使えるお金も減る・・・というかほとんどなくなるし、結婚して増えるのなんか疲労と心労くらいだ。もしかしたら「条件のよい相手」を捕まえることができて、減らさずに増やせる結婚もあるかもしれない。でも、それはみんなにできることじゃない。まずは「良くなる」をあきらめて「悪くなる」を受け入れてみよう。「病める時も、貧しき時も」が現実だ。苦労してもいいからそれでも「結婚したい」なら結婚しよう。誰と?誰でもいいんじゃない?自分の時間も経済的自由も犠牲にして、たった一人のあなたを選んでくれた相手なら、尊重し愛することができるんじゃない?

本当に何で結婚しなければならないのかわからなくなってしまったあなた、こめんなさい。本当にしなくてもいいんだからしかたがない。ただ、たった一度の限られた人生、修行のつもりでいろいろ経験してみてもいいんじゃないかな?家族を作って家庭を育てる、そこを道場に徳を積んで人間性を磨く・・・そういう選択もありじゃないかな。

最後に、独身主義者だった私にある日突然、出産→結婚スイッチを入れたであろう潜在意識の中に沈んでいた秘密の言葉を書いておこう(危険、モラルフリー、要注意。繊細な心の持ち主はスキップしてください)。

・あなたにはいつでも帰れる場所があると思いなさい。
・私たちだけは何があっても絶対にあなたの味方だから。
・誰の子であろうとあなたが産んだらあなたの子。
・これは内緒だけど自分が産んだ子は自分だけのもの。
・口にしたらダメだけど本当は「うんだもんがち」。
・夫婦は他人やけど親子は違う。

ちなみに、私は人生で3回プロポーズしたことがあって、そのうちの1回などは独身主義時代のことだ。こんなアスペな私でさえ、恋愛感情がもたらすあまりの幸福感に、うっかり主義主張、原理原則など忘れる瞬間はあったのだ。ああいうのが本当に有効な恋愛結婚のチャンスだろうし、若さで流されてあとは野となれ山となれ型の家族形成法だと思う。

さあ、それでも結婚したいですか?

この記事を書いたユーザー

王さんの奥さん このユーザーの他の記事を見る

中高不登校で大検から大学進学。大学卒業後、中国、英国留学を経て外務省、NPOなどで働き、現在は生命保険代理店として活躍中(?)。中国人の夫は活動系アーティストで家に帰ってくるのは年に2~3度。大事な娘をファザコンにしてしまう格好いいだけの男。彼も間違いなく発達障害だと思う。発達障害で学習障害の娘を小学校へ行かせずに家庭で独自の子育てに邁進。アスペな娘はすくすくと育ち、中学校は1学年数人という超小規模校へ進学。自身も発達障害で学習障害、現在はうつ+ADHDの診断がついてますが、仕事に子育てに少しは介護というかなり多忙な日々を送っています。
今では浅はかでバカっぽい私ではありますが、命を懸けて精神的苦痛と闘っていた頃もあるので、同じようなタイプで今を苦しんでる人たちに、自分の言葉を届けたいと思って。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 育児
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス