記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
現代社会で「ストレス」を抱えている方も多いと思います。ストレスによって体調不良を引き起こしてしまう場合もあるでしょう。
ストレスによって「胃痛」を感じたことはありませんでしょうか。ストレスと胃は切っても切れない関係にあるため、影響が強いといえます。

そこで今回は「ストレスと胃痛」をテーマに、症状や改善方法を医師に聞いてみました。

胃とストレスの関係

胃のはたらきをコントロールしているもので、非常に大切なものとして自律神経があります。
自律神経には、副交感神経と交感神経がありこの二つがうまくバランスをとりながら、蠕動運動や胃酸の分泌、胃液の分泌などを調節しています。

しかし、ストレスによって自律神経のバランスが乱れてしまうと、蠕動運動がうまく進まなかったり、胃酸が多く出すぎて胃壁にダメージを与えてしまったりして、胃の不調や疾患の原因となる場合があると考えられます。

ストレスからくる胃痛の症状

胸やけ

■ひどくげっぷが出る

■みぞおちが痛む

■胸がムカムカする

吐き気

■嘔吐

■吐物に血が混じる

■黒い便が出る

ストレスによって引き起こされる胃の病気

【胃潰瘍・十二指腸潰瘍】
ピロリ菌や鎮痛薬の多用のほか、ストレスによってもこういった消化性潰瘍ができる場合があります。

【神経性胃炎】
ストレスが原因で、自律神経の機能が乱れて胃酸過多などが起きて胃粘膜の炎症を起こします。

【過敏性腸症候群】
精神的な負荷などが原因で自律神経のバランスが乱れ、腸の蠕動運動に異常が起きるものです。

【急性胃炎】
暴飲暴食や食中毒、ストレスなどで胃の粘膜のただれや胃痛を生じるものです。

【慢性胃炎】
慢性的な炎症が胃粘膜に起きている状態であり、原因の多くはピロリ菌感染に関連しているといわれますが、ストレスも原因になるといわれています。

ストレスからくる胃痛の治療

まず、胃痛がある場合、消化器内科を受診するのが良いでしょう。
消化器内科で問診や、お腹全体の診察、血液検査や場合によって上部消化管内視鏡検査などを受けます。

特に器質的に問題がなく、ストレスによるものが疑わしいとされた場合、必要に応じて心療内科や精神科の受診をすることになります。

ストレスからくる胃痛の改善方法

【暴飲暴食を控える】
暴飲暴食は胃に大きな負担となりますので、3食適量の食事を摂るようにしましょう。

【お酒は飲まない】
アルコールは胃荒れの原因にもなるので、少なくとも胃痛がやむまでは控えましょう。

【食事のときはよく噛む】
良く噛んで消化しやすい状態にすることで、胃にかける負担を減らします。

【コーヒーやしょっぱいもの、刺激物を控える】
カフェイン、カプサイシンなどを控えて、胃壁にできるだけ刺激を与えないようにします。

自分なりにストレスを減らす努力をする

よく寝る、ゆっくりお風呂に入る、スポーツをするなど何でもよいでしょう。

ストレスに対する自分なりの解消方法を探して身に着けることはもちろんのこと、ストレスは色々なところに潜んでいますから日ごろから適度な睡眠、バランスの取れた食生活、ワークライフバランスの改善などを心がけましょう。

また、ストレスがかかった場合に備えて準備をしておくということも大切なことだと思います。

ストレスからくる胃痛は慢性化しやすい

ストレスからくる胃痛が慢性化してしまう理由は、日常かかり続けるストレスに対してなかなかうまく対処できていない人が多いというのが原因でしょう。

また、このストレス社会の中ですべての大きなストレスを回避するのは非常に難しいことでもあります。

≪ずっと悩んでいる、便秘や下痢はこの病気かも…?≫
便秘や下痢でお悩みの皆さん【過敏性腸症候群IBS】診断してみよう!

医師からのアドバイス

現代人のかなりの方が抱えていると思われるストレス。ストレスによって胃痛以外にもさまざまな体調不良を引き起こします。

全てのストレスを抑えるのは難しいですが、無理のない範囲で胃痛をできるだけ抑えて、快適な生活を目指したいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら