スーパーやショッピングセンター内に設置されている「フードコート」。安くて手軽に食べられ、家族やグループで行っても、各自が好みで選ぶことができる。

そんな「フードコート」に、あなたはどんなイメージを持っているだろうか。

ラーメン、うどん、丼、カレー、お好み焼き、焼きそば、ハンバーガー……。ありきたりなメニューばかりで、わざわざそのために出掛けることはない。

テーブルと椅子は粗末なもので、狭い場所に大勢の人が集まり、かなり騒々しい。落ち着いて食べられないので、ほとんど行くことのない場所。食べることの好きな人なら、まずは行かないだろう。

……と、昨日までの私は思っていた。

だが、新しくできたイオンショッピングセンターのフードコートに行って、考えが大きく変わった。

古いフードコートなら、「食べたいものがない」と迷うところだが、イオンのフードコートでは、「どれを食べようか」と真剣に迷ってしまうのである。

古いフードコートは、ファストフード的な店が多かったのだが、ここには本格的な店がたくさん出店している。

“フードコートなのに?”という店ばかりなのである。本来なら、単独で出店する店である。

牛たん定食、海鮮和食、ステーキ、天ぷら、生パスタ、石釜焼きピザ、パンケーキなど。

これまでのフードコートでは考えられなかったメニューが、ずらりと並んでいる。迷うことが楽しくなる。

食べる場所も、お洒落なカフェ風の席や観葉植物を置いたカウンター席、ファミレス風のボックス席もあって、隣が気にならない。

どうして、いままでこういう形態にならなかったのかが不思議である。俗っぽい言い方をすれば、「やれば、できるじゃないか」となる。

フードコートがこんな風に変わるのなら、どんどん利用したいと思う。

これまでは避けてきたが、これからは積極的に出掛けて行きたい。興味・食欲をそそる店ばかりなのだから。

家族・グループで行けば、それぞれが好きなものを注文してシェアできるので、珍しいもの・美味しいものがたくさん食べられる。

これは、実に楽しいイベントとなる。

また、いまどきのフードコートに出店するには競争が激しく、それなりのレベルがなければならない。つまり、マズい店が入る可能性が低いのである。

客にとっては、安心して利用できる店ばかりだ、ということである。

今後は、加速度的にこうしたフードコートが増えるだろう。スーパー・ショッピングセンター内で、もっとも集客力の高い場所となる。

周辺で個別に出店した店は、厳しい状況に追い込まれるかもしれない。

それほど、「いまどきフードコート」は、大きな力を秘めているのである。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • グルメ
  • 広告
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら