30歳を過ぎて、純粋に人を愛せる常子がうらやましい

「とと姉ちゃんは、30歳過ぎて星野さんと愛し合えてうらやましい」ーさっそく今日はそんなメールを婚活女子からいただきました。
すごく残酷なことを言いますが、実はやみくもに婚活をしていたら、常子のような恋愛は出来ません。
婚活アドバイザーで、「となりの婚活女子は、今日も迷走中」の著者、大西明美がその理由を解説いたします。

そもそも、星野のスペックにあなたはトライできるのか?

常子は、おそらく30代後半のアラフォー未婚女性。事業も成功している。
私も婚活アドバイザーとしてこのタイプの女性と何度も出会うけれども、今の時代だと、この女性たちの条件は強気だ。

一方、星野は、高度経済成長期中のサラリーマン。40歳前後で妻と死別のシングルファーザーだ。

まず、年上で子持ちの男性なんて、絶対にバリキャリアラフォー女性は選ばない。ネット婚活をしていたらまず子持ちという条件ははずす。ましてや同居なんて絶対に受け入れてくれない。

お見合いでもこの条件の男性を持って行ったら、クレームになるか、号泣されるかのどちらかになる。私も怖くて、おいおいと死別シングルファーザーの男性を、バリキャリ未婚アラフォー女性に積極的に紹介は出来ない。

「私は人柄重視だ」と思う人もいるかもしれない。でも、人柄の前に、婚活はどうしてもスペックを見ることになる。これはシステム上仕方ない。
スペックがわかったうえで、人柄を見てからと言える人はほとんどいない。

常子のすごさは、それでも人柄重視なところ

常子は、なぜ現代のアラフォー女性が乗り越えられない壁を乗り越えて、星野を愛することが出来るのか。

それは、常子には損得勘定がないからである。常子は、いつも周りの人の幸せを考えている。周りの人の幸せのために、自分がひたすらに飛び込んでいく。

「この人と関わって損か得か」をプロフィールで確認してから出会うという婚活システムとは180度違う手法なのだ。

これが、男性の心を打つ。星野だって軽い男ではない。奥手だ。振られてもいいから近づきたいと心動かされるのは、女性が損得勘定を乗り越えて、深い思いやりを持って接しようとしているからなのだ。

システム的に、婚活ではこういう展開にはなりにくい。
つまり、常子と星野の恋のように、周りもキュンキュンしてしまうような恋愛をすることは不可能に近いのだ。

それでも、婚活でキュンキュンしたいというならば

それは、「結婚しても大変なことが起こりにくい相手」という選び方をやめることである。

婚活でなぜスペックが気になるのか。それは結婚後自分を煩わすような出来事を避けたいからである。これは理想が高いとか低いとかそういう問題とは少し違う。

条件の出すときの、自分の心模様の問題である。結婚は相手の人生の荷物も半分分かち合うことなのに、相手からなんの重荷も引き受けたくないことばかり考えてはいないか。

そんな選び方では、キュンキュンするわけがないのだ。

じゃあ、どうやって選んだらいいのか。ひとまず、年収と年齢を見るのをやめる。
ネット婚活なら付箋紙を貼って隠す。できれば、プロフィール写真も見えないように隠したほうがいいだろう。(限界があると思うが)

プロフィールだけを集中して見る。結婚相談所で頼んでいるならば、写真を送ってもらう前に人柄情報だけで会うかどうかを決めるということをやってみる。

本当に限界があるが、自分の損得勘定を刺激しそうな情報を遮断して、出会いの場に行くというのが、一番ときめく出会いに導かれやすいのだ。


この記事を書いたユーザー

婚活アドバイザー 大西 明美 このユーザーの他の記事を見る

著者。婚活アドバイザー。過去20年でのべ43,000件の恋愛を研究してきた婚活指導の第一人者。
2010年からクリスチャン専門の結婚相談所を経営。
2016年より男性が医療従事者(医師、薬剤師、理学療法士、看護士など)専門の結婚相談所も開設。過去5年で200組以上のカップルを成婚に導いている。
お見合いのマッチング業務の成功事例、失敗事例を分析し、再現性がある婚活の法則を導き出すことを得意とする。著書「となりの婚活女子は、今日も迷走中」がかんき出版より好評発売中
http://www.amazon.co.jp/dp/4761271973

得意ジャンル
  • 暮らし
  • 恋愛

権利侵害申告はこちら