遅延、追加料金、対応、、、LCCのくせに!と余計にイライラしていませんか?この際ジェットスターの良い所を見つけて快適に旅してみませんか?

■LCCとは?

Jetstar Japan, A320-200, JA19JJ
by lasta29

まずはLCCに関してのご説明。
まずこれはローコストキャリア(Low Cost Carrier)の略です。
価格を下げている、、、言わずとも安いですよ!って事ですね!

■インターネット必須

Licensed by gettyimages ®

パソコン、ケータイどちらでも問題ありませんが、チケット購入にはインターネット環境が必須です。

初めて購入する場合、国際線でしたらパスポートナンバーやその他もろもろ、入力することが多少あるので、苦手な方は面倒に感じるかもしれません!

しかし一度入力したパスポート情報、クレジットカード情報などは記憶させておく事が可能です。

ですので2度目からはかなり楽になるので、その瞬間の手間は考えず、少し先の楽な時間を想像してみて下さい!

■預け荷物

Licensed by gettyimages ®

チケットを購入する時点でkgを選択することが出来ます。
もちろん料金がかかりますし、重さによってどんどん値段が上がります。

出発前からなかなか荷物が何キロになる予定なんて分からないものですが、少し余裕のある重さを選択しおいて下さい。
空港で追加料金となると割高で非常に損です!

今はラゲッジチェッカーなども売っていますし、是非家を出る前に重さの確認を。
私は何かと横着をするので、スーツケースを持って体重計に乗って、自分の体重を引いて、、、なんてことをしていますが。

もし重量オーバーになりそうでも多少は手荷物として調節できますし、ストレスにならないように、パッキングも楽しみましょう。

■手荷物

Licensed by gettyimages ®

手荷物に関しての持ち込みは、スーツケースなどの手荷物1個とハンドバック等1個の計2個まで。(ビジネスクラスを除く)

手荷物に関してはサイズの規定もあるので必ず確認して下さい。
機内に乗り込む前にも手荷物のサイズを測るチェッカーをジェットスター側が用意していることもあるので、バッグのサイズ等お気を付けください!
(心ばかりか最近厳しく感じるような、、、!?)

何かと規定ばっかり!とイライラしてしまいそうですが、よーく考えると、向こうが望むものさえクリアしていれば、安く利用が出来るのです。

きっと初めて利用するときは特に手間に感じてしまうかと思いますが、ほんの少し頑張ってみて下さい。

■機内食

Licensed by gettyimages ®

普通のエアラインの様にチケット代に機内食が付いているというのは、残念ながらジェットスターには通用しません(ビジネスは有)。

しかし機内食が必要であればオプションで付けることが可能です。
そしてドリンク•スナック等、機内では有料、クレジットカード払いですのでご注意を。
 
夜の便なら、空港で早めのご飯、飛行機に乗り込む前に軽食を買って、朝食用とするのもいいかもしれませんね!

機内食に関しての感想は人様々ですが、私は味が合わなかったので空港で先に食事を済ませます。
でも意外とその方が安くつくし、好きなものが食べられるし、お得なんですよ?

■機内サービス

Licensed by gettyimages ®

映画が見れて、ブランケットがあって〜というのはジェットスターには通用しません!

皆様お忘れなく!
ジェットスターはLCCです。
必要であればそれらもオプションとなるのです。

追加料金ばかりで結果安くないんじゃない?
と思う方もいらっしゃるかもしれません。

確かにそうですよね。

ただ、ブランケットも持ち込もう!
もしくは体温調節出来やすい服を着込むなり、持ち込むなり、調整してみよう!
パソコンを持ち込んで動画を見たり、フライトモードの上でケータイを使って音楽を楽しもう!

考え様によっては、いろいろなコストを削ることが出来て、やっぱりLCC以外の航空会社より安くなる仕組みにはなっているんです!

■遅延、欠便

Licensed by gettyimages ®

ジェットスターといえば遅延が多いイメージがありますが、実は意外と?そんなこともないのです。

国内線の定時運航率は平均して80%を超えています。(出発時刻から15分以内に出発した便)

国際線となると比率は変わってくるかと思いますが、私の実体験でお話しすると、何十回と国際線を利用してきた中で、最大遅延時間は約3時間。

1時間以内の遅延に関しては1-2回ぐらい?程度です。

もともと4時間の乗り換え待ちの便の時に3時間の遅延便にあたってしまったときは、正直地獄を見た気分でしたが、皆さんのイメージ程?遅延は多くないかと思います。

ちなみに欠便は今まで経験はありません。

■特別措置

Licensed by gettyimages ®

普通の事かもしれません。
ただ私が実際経験したことをお話しさせて下さい。

母が手術を要し、その後も入退院、手術を繰り返し、リターンのチケット通り日本からオーストラリアへ帰ることが出来なかったのです。

その時に医師の診断書等々の証明書類はもちろん必要ではありますが、バウチャーもしくは返金(重篤度等による)の対応をしていただけました。

当然のことと思ってしまいがちですが、これは立派な"LCCだけどしてくれること"になっていると思いませんか?

もちろん飛行機を利用するときには様々な理由があります。

旅行、ビジネスなど、利用用途は様々ですが、誰しもが気持ちよく快適に利用したいと思う気持ちは同じです。

私は無理にLCCが絶対に良い!利用するべき!とは思いません。

どんなエアラインを利用しようと、どんなに高額を払おうと、たまたま不快な思いをしてしまった、このエアラインは何となく合わない、など十人十色の気持ちがいきかうと思います。

そんな中で、値段を重視したい!
細かな規定だってこなせばいいんでしょう?

そんな風に思える方にはとても便利でお得なのではないかなと思っています。
メリット、デメリットを含め、皆さんが心地良く過ごせるエアラインに出会えますように!

それではHave a lovely day!!xx

この記事を書いたユーザー

Nyamel このユーザーの他の記事を見る

海外生活、ご飯、お笑い→私◎
オーストラリアと日本を行き来してます。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 暮らし
  • 恋愛

権利侵害申告はこちら