堀江貴文さんはライブドアの創業者であり、現在も様々な本も出版している。ツイッターでは多くの話題を発信し、時には炎上もしているがフォロワーの数は190万を超えており、多くのファンを魅了している。現代社会を生き抜く、若い世代の人たちにとってはこの人から学ぶ人生観は計り知れない程多いのではないのだろうか。

2016年8月20日に「堀江貴文 人生を変える言葉」という本が発売されている。その中にはこれから生きてゆく為に必要な207の言葉が書かれている。安定を否定する彼の熱い想いがこの一冊に凝縮されている。仕事への取り組み方、時間やお金の使い方、人間関係の構築、これからの日常生活のあり方など様々なことがこの一冊で学ぶことが出来る。


世間の人のイメージとは違い、ツイッターでは一般の人から来ているメッセージにも返信をしていたり、一般の人が10万円を支払い、少人数制でおこなわれる「堀江貴文とカウンターで高級寿司を食べる」というイベントも定期的に実施しており、人と触れ合う機会を大事にしている。

一昔前までは大学を卒業して会社に就職し、結婚して、子供を産んで、車を買い、マイホームを建てるという生活が理想とされてきた日本社会であったが、堀江貴文さんに影響されて人生を変えてゆく若者たちも少なくないと言えるだろう。

2016年7月20日に「99%の会社はいらない」という本が発売された。タイトルを見ていてもとてもインパクトがある。書店に並んでいれば目に付くことは間違いないだろう。この本では日本社会のあり方、これからの時代のあり方、日本の会社のあり方などが描かれており、堀江貴文さんの考え方や価値観がこの一冊に凝縮されている。

YouTubeではこの動画が投稿されている。

出典 YouTube

2015年3月20日に近畿大学での卒業式でおこなわれたスピーチだ。卒業生や保護者の前でこれからを生き抜くために必要なことを伝えている。将来のことばかり考えるということではなく、今を生きるという力強い想いがこの動画から学ぶことが出来る。

本やYouTubeやTwitterを通じて世の中の人たち対して堀江貴文さんは訴え続けている。


これからの日本社会を変えてゆくのはこの人なのかもしれない。

この記事を書いたユーザー

荒井克之 このユーザーの他の記事を見る

長野県出身で現在は愛知県に在住。2008年に山梨学院大学を卒業。8年間、サラリーマンとして働き、現在はフリーランスで仕事をしていく為にTwitterを活用したりブログを書いています。大学生活ではバイクを使って日本一周もしました。趣味は登山とマラソンと読書とバイク。登山は日本百名山完全制覇を目指しており現在55座まで登頂。2014年にはアフリカ大陸最高峰のキリマンジャロを登頂。マラソンは2015年にフルマラソンでサブ4達成し、ウルトラマラソンも完走。美味しい食べ物やお菓子や食品などの新製品を探すことも大好きです。

得意ジャンル
  • 話題
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら